コレステロールには、善玉コレステロールHDLと悪玉コレステロールLDLの2種類があります。この内、悪玉コレステロールLDLは、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる動脈硬化を引き起こすといわれています。血液中の悪玉コレステロールLDLを如何に減らすかが、健康維持のための大きな課題の一つになっています。そこで、悪玉コレステロールLDLが増える理由やこれを適正化する方法などについて、解説します。

コレステロールとは

コレステロールは、脂質の一種で人体を構成している細胞膜の原材料となります。また、脂肪が腸内で消化、吸収される際には、ステロイドホルモンや胆汁酸などが必要ですが、コレステロールはこれらの原材料にもなっています。このように、コレステロールは人体にとって不可欠な物質といえます。

一方、コレステロールは、血液中に過剰に存在すると動脈壁に沈着し動脈硬化を引き起こすやっかいな物質でもあります。動脈硬化は、多くの心疾患や脳卒中の原因となる危険な症状で血液中のコレステロール濃度は適正化する必要があり、要注意です。

コレステロールは、血液中ではリボタンパク質という形態で溶け込んでいます。リボタンパク質は、コレステロールとタンパク質が結合した物質で、2種類あります。一つは略称LDLで「低比重リボタンパク質」と呼ばれ、肝臓に貯蔵されているコレステロールを運び出し体全体に溜めるという役割を果たします。

もう一つは、略称HDLで「高比重リポタンパク質」と呼ばれ、逆に血管壁に付着したコレステロールを回収し肝臓に運ぶ役割を果たすといわれています。LDLはコレステロールを体全体に溜めて行き、動脈硬化などの原因となるため悪玉コレステロールと呼ばれ、HDLはコレステロールを血管から回収するため、善玉コレステロールと呼ばれています。

悪玉コレステロールLDLが増える理由

悪玉コレステロールLDLが増える理由としては、「加齢による代謝機能の低下」「運動不足による代謝機能低下」「脂肪の多い食事」「食物繊維不足」「ストレス」「過度のアルコール摂取」「遺伝」などが考えられます。

ストレスを感じる環境では、副交感神経よりも交感神経の方が優位となって、副腎皮質ホルモンの分泌が盛んになります。このとき、肝臓から放出された脂質を含んだコレステロールが中性脂肪(遊離脂肪酸)を分離し、結果としてコレステロールの比率が上がるため悪玉コレステロールLDLの濃度が高くなることになります。

コレステロールLDLを適正にするには

コレステロールLDLの血中濃度を適正な値に戻すには、それが増加した原因をはっきりさせてそれを取り除いて行く必要があります。加齢による代謝機能の低下や遺伝が原因の場合には対処することはできません。しかし、運動不足による代謝機能低下や脂肪の多い食事、過度のアルコール摂取などは生活スタイルを変えたり生活習慣を改善することによって、十分に対応することができます。

また、善玉コレステロールHDLは、余剰のコレステロールを血液中から取り除いてくれるので、HDLを増やすことによって悪玉コレステロールLDLを減らすことができると考えられます。

過剰な悪玉コレステロールLDLを下げる食事

食生活を見直すことによって過剰な悪玉コレステロールLDLを下げる可能性がり、以下にそのような事例について説明します。

EPA、DHAを積極的に摂ろう

DHA、EPAはいずれも血液をサラサラにし血の流れをよくする物質として知られています。青魚などに含まれるこれらの物質は、血液中の悪玉コレステロールLDLを減らし、善玉コレステロールHDLを増やす働きを持っているといわれています。近年、動物性タンパク質の摂取は肉が多く魚は少なくなる傾向があり、青魚を食べる機会も少なくDHAやEPAを摂取する人は減ってきているようです。

食事から摂取できないのであれば、栄養補助食品としてDHAやEPAを含有したサプリメントなどもあるのでそれらを利用して体に取り込むこともできます。

レシチンやリコピンを積極的に摂ろう

大豆や卵などに含まれるレシチンという成分があります。レシチンは、血管壁に沈着したコレステロールを除去する働きを持っています。また、レシチンは、善玉コレステロールHDLが血液中のコレステロールを肝臓に戻す機能を補助する働きがあります。肝臓に戻された悪玉コレステロールLDLは排泄処理されるので、結果として血液中の悪玉コレステロールLDL濃度が低くなることになります。

また、トマトにはリコピンという成分が含まれていますが、この成分には善玉コレステロールHDLを増加させる機能があり、その分だけ血液中の悪玉コレステロールLDLの減少が期待できます。

食物繊維を積極的に摂ろう

食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があります。そのうち、水溶性食物繊維は血液中のコレステロール濃度を抑えたり、食事によって摂取したコレステロールの吸収を防ぐ働きをします。水溶性食物繊維を多く含む食品としては、納豆やごぼう、アボカドなどがあげられます。食事でこれらの食品をできるだけ多く摂るようにするとよいでしょう。

まとめ

コレステロールは、細胞を構成する原材料であるため人の体にとっては不可欠な物質ですが、過剰に摂取すると動脈硬を引き起こす危険な物質でもあります。そこで、コレステロールを摂取しすぎないようにする必要があります。そのためには普段の食事が重要で、コレステロールを過剰に摂取しないように意識することが大切です。

食事のメニューには、EPA、DHA含有量の多い青魚やレシチン含有量の多い大豆、卵、リコピン含有量の多いトマトなどをバランスよく摂るとよいでしょう。また、水溶性食物繊維の含有量が多い納豆やアボカド、ごぼうなども積極的に食事から摂るようにしてください。