スキンケアやヘアケアに用いられる美容オイルにはたくさんの種類がありますが、中でもオリーブオイルはとても親しみを感じる存在ですね。食用にも美容にも効果あるといわれているオリーブオイル。今回はその種類や扱い方、注意点も含めて解説します。

オリーブオイルを実際に使っている人の口コミ

実際に使っている人の口コミを集めてみました。

肌荒れをおこして困ってた時に
恐る恐る使ってみたら?
見事に元の肌に戻りました♪☆
http://www.cosme.net/product/product_id/10042430/review/504263290

全身に使ってます!髪から足まで使えます。髪はパサつきが気になるので、お風呂上りにタオルドライをしたあと揉み込んで馴染ませると乾かしたあともパサつかずしっとりします。
http://www.cosme.net/product/product_id/2887673/review/505620499

フェイスオイルとして使ってますが、余った分は髪にもつけてます。重さのないさらっとしたオイルなので基本的にどこでもつけられますよ。
http://www.cosme.net/product/product_id/2694/reviews/p/12

頭から爪先まで全身使いしている人が多いようです。シンプルなエッセンスだけではなく、近年はオリーブオイルを美容成分として配合した乳液やクリームなども豊富です。

オリーブオイル美容法と効果

オリーブオイルとスキンケアと効果

オリーブオイルはいわば美容の万能選手です。肌荒れがひどく、ローションすら浸透しないのなら、ブースターとして洗顔後すぐに使いましょう。抗酸化作用のあるビタミンEが含まれたオリーブオイルは、徐々に肌のコンディションを健康な状態へと促してくれます。

スキンケアの締めとして、美容液やクリームの代わりにしても良いでしょう。冷えているオリーブオイルは硬さを感じますが、人肌で十分に伸びが良くなります。保湿には一滴で十分です。

オリーブオイルのクレンジングと効果

オリーブオイルの成分71%を占めるオレイン酸は、ヒトの皮脂膜の41%にも含まれています。だからオリーブオイルと私たちの肌は馴染みが良いのですね。

特にクレンジングオイルとしては超優秀です。手のひらで温めたオリーブオイルを肌の上でクルクルマッサージしながら伸ばすと、あっという間に古い汚れを浮き上がらせてくれます。

ただし、オリーブオイルのクレンジングにはひとつ注意点があります。それは、面白いようにポロポロと角質が取れるので、ついつい肌へのダメージを忘れがちになることです。オリーブオイルに限らず、クレンジングをやり過ぎると毛穴は開いてしまいます。くれぐれも長時間のマッサージは避けてください。

オリーブオイルとメイク

オリーブオイルは天然成分(オリーブの実から抽出した油脂)なので、他のアイテムやコスメと混ぜて使えるのも嬉しいポイントです。

メイク下地やリップに混ぜるのはもちろんですが、おすすめはリキッドファンデーションに混ぜるという方法です。なめらかに乳化したオリーブオイルが、乾燥でファンデーションが割れてしまうのを防いでくれます。

オリーブオイルのヘアケアと効果

オリーブオイルのヘアケアは、パサつきがちな毛先をしっとりさせるだけではありません。洗髪後の濡れた状態の髪に、まんべんなく伸ばしてみましょう。乾くと髪全体に柔らかなツヤがよみがえっているはずです。

頭皮のフケやかゆみには、オリーブオイルを優しく揉み込んでから蒸しタオルで頭を包み、10分ほどで洗い流してみてください。オリーブオイルが毛穴の汚れた皮脂を取り除いてくれるため、頭皮の新陳代謝が整えられます。洗い流す際には必ずシャンプーを使ってくださいね。

おすすめオリーブオイルをランキング

1位 宇野千代BRANDオリーブオイル

名だたる著名人を虜(とりこ)にした恋多き女流作家の宇野千代は、生涯オリーブオイルを塗るだけのスキンケアでした。愛用していたのは瀬戸内海の小豆島オリーブオイルでしたが、こちらは宇野千代自身が監修したものです。精製オリーブオイルがブレンドされたマイルドなタイプなので、敏感肌の人には特におすすめです。

第2位 ハウスオブローゼ ナチュラルライブラリー オリーヴィアン ナチュラルオイル

肌や髪の悩みに合わせて、様々なラインナップを取り揃えているハウスオブローゼのオリーブオイルです。ハウスオブローゼは、すでに1978年から植物エキスやハーブ、ハチミツなどの天然成分を美容に取り入れてきたという実績がある日本の会社です。オリーブオイルのヘアケアシリーズもあります。

第3位 DHCオリーブバージンオイル

いわずと知れたオリーブオイルの定番ですね。日本でオイル美容が脚光を浴びるずっと以前から有名で、リピーターも多いブランドです。ちなみに、DHCのオリーブオイルは、どちらかというと「濃いオイル」なのかもしれません。昔使っていたけれど吹き出物ができた、でも30代になった今はちょうど良い!という口コミが目立ちます。

食用オリーブオイルを美容用にできるの?

オリーブオイルは用途に合わせて正しく選ばないと、逆効果になるおそれがあります。エキストラバージンオイルなら食用と美容を兼用にしても大丈夫という説があるようですが、あえておすすめはしません。理由は主に2つです。

ひとつ目の理由は、日本のオリーブオイルの定義は国内のJASが基準だからです。世界のエキストラバージンオイルの定義は世界機関のIOSを基準にしています。ということは、日本国内でエキストラバージンオイルとして販売されているからといって、世界的な基準を満たしているとは限らないのです。

ふたつ目の理由は、素晴らしい食用オリーブオイルが素晴らしい美容オイルとは限らないからです。そもそも食用のエキストラオリーブオイルの魅力は、粗く砕いたオリーブの実と皮のかぐわしい風味にあります。しかし私たちの肌にとっては、オリーブオイルの実と皮は不純物でしかありません。エキストラバージンオイルを美容に使えるレベルまで「ろ過」したオリーブオイルを使うのがベストです。

オイル美容の優等生!オリーブオイルの効果を知っておこう まとめ

オリーブオイルは、オイル美容の中でも比較的スタンダードな存在なので、多くの美容方法がすでに確立されています。これから初めてオイル美容をする人にはぴったりといえるでしょう。肌に合うか心配な人は、まずはヒザ小僧やかかとのマッサージからスタートしてはいかがでしょう?