婚活パーティーで連絡先を渡される、すべてはここから始まります。自分も教えるべきか否か?連絡先を交換した男女は、その後はどのように進展するのか?いざというときに、あせらないため、婚活パーティーの連絡先についてお伝えします。

 

婚活パーティーの連絡先交換は自由なの?

「連絡先交換は自由!」と銘打っている婚活パーティーがほとんどですが、規約をよく読むと、実は微妙な違いがあるので注意が必要です。

合コンのノリで完全に自由

真剣な人はもちろん参加していますが、中には軽い気持ちで遊び半分で参加している人もいるでしょう。あまり話していない男性からも、一方的に連絡先を渡されるかもしれません。スタッフも気軽な連絡先の交換をあおってきますが、ムードに流されないように気をつけてください。

マッチングしたカップルのみ

フリートークを経て、最終的にマッチングが成立したカップルだけが連絡先を交換できます。この場合は、すでにお互い好意を持っていますから、ごく自然に女性も連絡先を教えるケースが多いでしょう。ただ、複数の候補がいる人にとっては酷です。

主催者が仲介する

直接のやり取りは禁止ですが、スタッフを経由すれば自由です。パーティー後半や、後日あらためて連絡先を渡されます。面倒そうですが、こういったシステムをとる婚活主催者なら、宗教やネズミ講の勧誘など、問題行動を起こす会員を除名してくれています。

連絡先交換はLINEが主流?

最近の婚活パーティーでやり取りされる連絡先は、LINEのIDがほとんどです。Facebookをやっているか聞かれることはありますが、わざわざLINEをやっているか聞かれることは珍しいはず。それほど「LINEのIDは持っていて当たり前」と思われているのです。

相手の連絡手段に合わせる男性側は、LINEアプリがないと不利かもしれませんが、女性側がLINEにこだわる必要はありません。メールアドレスならフリーアドレス、もしくは携帯の電話番号でショートメッセージもできます。

ごめんなさい!連絡先を教えたくないときのふるまい

連絡先を受け取ったのはいいけれど、自分の連絡先も要求されたら?好みではない相手なら、むしろ明るくお断りできますが、対応に迷ってしまうケースもあるでしょう。

グループでLINE交換

複数トークの場で、合コン慣れしたコミュニケーション能力の高い男性がそろうと、「みんなでLINE交換しませんか?グループトークしましょうよ。せっかくの機会なんだし!」という展開になります。

こんなときは、フリーアドレスを教えましょう。昔のナンパの断り文句「携帯忘れたので」は、さすがに今ではウソっぽいです。yahooやGoogleを利用すれば、フリーアドレスは簡単に作ることができます。念のためですが、ウソのアドレスを教えるのは人として論外です。

ムダに会話が盛り上がってしまった

恋愛相談をしたくなるような親友候補に出会ってしまうかもしれません。会話は盛り上がりますが、向こうは交際相手を探していますから、期待させるのは罪作りです。また、ストーキングされたことがある、連絡先を教えたくないわけでないけれど、まだちょっと早いなと感じる場合。

「連絡先の交換は、何度か会ってからと決めてるんです」と明言するのが無難です。別にあなただから断るのでなく、誰に対してもですというニュアンスなら、相手を傷つけません。最初から、プロフィールに書いておくのも良いですね。

連絡先を交換してから、その後の進展は?

高い会費の結婚相談所に比べ、婚活パーティーは敷居が低くて気軽に参加できます。しかし、恋人を求めている人、結婚相手を求めている人、異性と知り合いたいだけの人、とにかく参加者の温度差が激しいのが悩ましいところです。実は、その後フェードアウトしてしまうカップルもたくさんいます。

連絡がこなくなる

婚活パーティーの雰囲気は独特です。男性側としては、連絡先を渡さないと損だという気持ちがはたらきます。たとえ本当に好みのタイプがいないとしても、です。

絶対にあの娘と付き合いたいという積極的な第1希望と、しいて言えばあの娘かな?という消去法の第1希望では、パーティー終了後の男性のテンションは違います。

後者の場合は連絡がこなくなりますし、もしデートをしても、お互いのテンションは下がるばかりでしょう。連絡がこなくなるのは、「ご縁がなかった」ということです。

まるで別人キャラだった

繰り返しますが、婚活パーティーの雰囲気は独特です。LINEやメールの返信が遅いとキレ気味になったり、会ってみると会話が続かなかったり、男性が婚活パーティー中のキャラクターと違うことは珍しくありません。また、女性側も冷静な判断力を失いがちなのを自覚しておきましょう。

両思いは量産できない

学生時代のクラスメイト思い出してください。1クラス30人から40人、そのうち男子は半数です。憧れの男子はたくさん作れても、実際に両思いになるのは1人か2人ではなかったでしょうか?

婚活パーティーはクラス替えと一緒です。数回の参加で成功しなくても、落ち込む必要はありません。

その後、結婚したカップルの共通点

婚活パーティーで結婚に進んだカップルの共通点は、何度か参加して、お試しデートや交際が不発に終わっていることです。やはり、初めての参加で結婚相手を見つけることはまれなのです。

(引用1)
わたしも婚活パーティーで出会ったかたと、先日結婚式あげました!(*^^*)
28さいから婚活パーティーに参加しまくり、何人のひととカップリングしてきたかわかりませんが、カップリングしても、2人でごはんにいった時に、あっなんか違うと思ったり、もちろん思われたりで続かなかったり、なかには軽いひともいて、遊ばれたり、ほんといろんな男性と出会いました!いまの旦那とは29のときに婚活パーティーで出会い、2年のお付き合いで、結婚にいたりました!!❤
数打ちゃ当たるではないですが、ほんとに、1回だめでも諦めず、何度も出会いの場に参加することは大事だと思いました!!
馴れ初めは、まわりには堂々とはなしていますが、式では、イベントを通じてというかんじで、司会の方が濁されました!(*^^*)

(引用2)
私も心が折れて挫ける事が沢山ありましたが、
頑張って何回も行き、ようやく自分の会う人に出会い、結婚しました。
ほんともう、なんでこんな事してまでして頑張んなきゃいけないんだと毎回終わった後は泣いてました。ほんと辛かった!泣

(1,2引用元)
http://girlschannel.net/topics/329907/

婚活パーティーの連絡先交換についてのまとめ

「この人どう?会ってみない?」そんな仲人したがりの親戚のおばさんや、おせっかいな上司が減った今、婚活パーティーは貴重な出会いの場です。興味があるなら、どんどん参加してみましょう。
また、1回、2回の参加で運命の人に出会えるのは稀なことだと理解して、めげずに数回でも気軽に参加をしてみましょう。