紫外線、乾燥、摩擦など、髪へのダメージは毎日繰り返されています。あなたはどんなヘアケアで髪を守っていますか?今回は、美しい髪を守る美容オイル5選をランキング形式で紹介します。

デイリーに使える美容オイルたち

軽いつけ心地と、くどくない香りをポイントに選んだので、ぜひデイリーケアに取り入れてみてくださいね。

第1位 ラサーナ 海藻ヘアエッセンス

ブルターニュ産の海藻エキスをベースに、スクワランオイルとオリーブオイルを配合。水は一滴も使われていません。手のひらに出すと重めのテクスチャに感じますが、髪に伸ばすと案外ベタつかず、全体にまとまりを出してくれます。無香料です。

また、新成分エルカラクトンも配合されているのもポイント。エルカラクトンは、正式名称γ(ガンマ)-ドコサラクトンといい、日本精化(株)が開発したアンチエイジング成分です。ドライヤーやヘアアイロンの熱によって、はがれたキューティクルの補修をしてくれます。

ラサーナ 海藻ヘアエッセンス ヘアオイル
https://www.lasana.co.jp/

第2位 ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル

アルガンオイル配合で、サラサラした軽い手ざわりの髪をキープします。万が一つけ過ぎてもベタつきにくいので、ヘアアオイル初心者におすすめです。乾いた髪にも使えますが、基本的にはぬれた髪に伸ばすのがおすすめです。香りは優しいフローラル。

太い髪には、もう少ししっとりするエッセンスチャージ。ダメージが進んでいれば、濃厚なリッチモイスチャー。髪質に合わせて3タイプあるのが良いですね。60mlで千二百円というお手軽な値段も素晴らしい!

ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル
https://www.lucido-l.jp/topics/14aw_oil.html

第3位 モロッカンオイル トリートメント

レディ・ガガやケイティ・ペリーなど、海外セレブから火が着いた人気商品です。日本でも、優香や中村アンが愛用しています。甘いバニラ系の香りで、ナチュラルなツヤが出ます。

モロッカンオイルとは、アルガンオイルをヘアケア用に特化したオイルです。ジメチコンとシワロメチコンというシリコンが含まれているので、乾燥でパサパサになった髪、湿気で爆発してしまいがちな髪に最適です。

モロッカンオイル トリートメント ノーマルタイプ
https://www.moroccanoil.com/jp/

第4位 エヌドット(N.)のポリッシュオイル

こちらは髪だけではなく、肌にも使えます。あくまでも軽さにこだわりたい人におすすめします。美容室帰りのような、マンダリンオレンジとベルガモットの香りです。ゴマ油、サフラワーオイル、ヒマワリ種子オイル、ホホバオイル配合。シアバターがベースです。テクスチャの伸びが非常に良いので、ほんの少量から試してみましょう。

エヌドット(N.)のポリッシュオイル
http://www.napla.co.jp/spec/ndotstylingseries/

第5位 ケラスターゼNU ソワン オレオ リラックス

ケラスターゼシリーズの代表ともいえる歴史ある商品。リピーターが多い定番ヘアオイルです。オリエンタルなオレンジの香りは、アロマオイルに似ています。香りは好き嫌いが分かれるかもしれません。独自の植物由来ニュートリオイルを配合。うねり、ハネ、クセ毛をすんなりまとめてくれます。

ケラスターゼNU ソワン オレオ リラックス
https://www.kerastase.jp/products/detail/soin-oleo-relax/

美容オイルのデイリーケア ぬれた髪につける

バスタイムが終わったら、タオルドライしたぬれた髪に美容オイルをつけます。オイルは全体ではなく、あくまでも毛先を中心に優しくもみ込みましょう。余った分を髪の中間部分に伸ばし、根本にはつけません。特に、頭皮にはつかないように注意してください。

次にドライヤーで乾かします。ドライヤーは上から下へ向かって風を送ります。頭を逆さにすると、キューティクルの逆方向になるので髪が痛みます。最近は、ドライヤーの熱によって、トリートメント効果が倍増するヘアオイルが主流です。

どうしても自然乾燥にしたいときは、しっかり乾いてからベッドに入ることが大切。生乾きだと、枕との摩擦で髪が痛むだけでなく、雑菌の繁殖もつながります。

美容オイルのデイリーケア 乾いた髪につける

朝のスタイリングや、日中パサつきが気になるときは、乾いた状態の髪にも使えます。ぬれた髪同様に、毛先と中心だけに伸ばします。わずかに残った手のひらのオイルは、最後に頭頂部から毛先へと優しくなでてつけましょう。ピンピン飛び出した切れ毛がおさまります。

ヘアアイロンやホットカーラーを使用する場合も、オイルをつけることでダメージを軽減できます。ちなみに、セットの度に毎日使っても問題ありません。

美容オイルでスカルプケア

健やかな髪をこれからも育んでいくため、自宅でのスカルプケアもおすすめします。スカルプケアにはヘアオイルではなく、肌にも髪にも使えるタイプの美容オイルを使います。頭皮に使ってはいけないオイルはありませんが、ホホバオイル、オリーブオイル、つばき油が定番です。

・ 頭皮のニオイ
・ フケや脂っぽさ
・ 白髪、抜け毛、切れ毛
・髪が痩せてきた

上記のような悩みにテキメンに効くのがスカルプケアです。頭皮に栄養を与えつつ、頑固な皮脂汚れをサッパリ取り除いてくれます。最初は2週間に1回程度を目安に、多くても1週間に1回が限度です。終わったら髪を洗わなくてはならないので、バスタイムに実践するのがベスト。

1. お風呂に入る前にブラッシングして軽い汚れを落としておく
2. 手のひらにティースプーン2杯分の美容オイルを垂らす
3. 小さな円を描くように、額から順に生え際をマッサージ
4. 頭頂部から全体を、同様にマッサージ
5. 耳の後ろから襟足で終了

美しい髪を守るためのまとめ

オイル美容が一般的になり、ヘアケア用のオイルの種類が増え、私たちは選ぶ楽しみを満喫できるようになりました。美容オイルのデイリーケアで栄養補給を怠らず、定期的に頭皮の大掃除をすれば、きっと今より美しい髪をキープできるはずです。