出会いのチャンスが広がる街コンや合コンですが、自分が異性を惹きつける能力をどの程度持っているかを試す良い機会でもあります。異性にモテるかどうかは、容姿だけで決まるわけではなく、イケメンでなくてもモテる男性はモテます。

そんなモテる男性は、どうすれば女性を喜ばせることができるのか、そのコツを心得ています。そこで、男性の立場でどうすれば女性にモテて、街コンや合コンで意中の女性を射止めることができるのか、そのテクニックについて解説します。

 

清潔感のある身だしなみが最低限のマナー

女性が特に重視する点は「清潔感」であり、それが男性に求める最低限のマナーになります。頭髪にフケが溜まっていたり、口臭や体臭が強かったりと、一目見て不潔と感じさせる身なりでは決して女性は近づいてきません。

ただ、女性が男性のどのようなところに不潔さを感じるのかについては、簡単には言い表せませんが、たとえば、ヒゲの剃り残しや乾燥した肌など、男性の顔の周辺を女性はしっかりと観察しています。なので、男性であっても風呂上がりなどに化粧水で肌のケアをしたり、出かけるときにはヒゲの剃り残しがないかチェックを怠らないようにすることが大切です。

口臭や体臭にも気を配る必要があります。特に喫煙者は、自分の口臭がどれほどひどいかということに気が付かない場合が多いようです。また、仕事が多忙になって生活サイクルが乱れ、食生活も含めて生活習慣が不規則になると体臭や口臭が強くなりがちになるので、要注意です。

せめて、合コンや街コンの前には歯磨きをするとか、コンビニなどに売っているブレスケア用のタブレットで消臭するなど口臭に気をつけましょう。体臭については、気にするあまり匂いの強いコロンなどを使用しがちですが、逆効果です。傍に近寄ったとき、ほんのりと香る程度が良いでしょう。

女性の話に対して聞き役に徹する

女性との会話の場面は、重要です。ここで女性の心をどこまで開かせることができるかで、次への展開が変わってきます。

自分の話を聞いて欲しい、そして褒められたい、認められたいというのが女性の本音です。モテる男性はそんな女性心理を心得ていて、女性が話しやすいようにうまく話題を振って行きます。

具体的には、「休みの日にはどんなことをして過ごしてるの?」とか「遊びに行くとしたらどんなところがいい?」など、簡単に「はい、いいえ」で答えられないような話題に持って行くのです。

そして、女性が答えると「そうなんだ。実はぼくもそれについては興味があって・・・」などと、共感を示したり感心したりというような反応を返します。

このように、モテる男性は容姿がぱっとしなくても女性の心を開かせ巧みに話を引き出す話術に長けているので、魅力的に映るのです。ポイントは、女性の話を聞く割合が8、自分について話す割合が2ぐらいを心がけ、相手の話を聞く姿勢に徹することです。

褒め方にもコツがある

いくら女性が褒められたがっていると言っても、髪型や服装、メイクの良し悪しなど、その女性の本質とは関係ないところを褒めても、女性は喜ばないでしょう。

たとえ容姿を気にいっていたとしても、そこをあからさまに持ち上げるのは上辺だけを見て中身を見ようとしない、浅はかな男性だと見られかねません。

会話の中で、女性が褒めてもらいたいタイミングを見計らって褒めるようにしましょう。

たとえば、

男性 : 仕事はどういう関係のところなの?
女性 : 自動車メーカーなんだけど、経理部で今ちょうど忙しいの。
男性 : そう。そうだよね、今は期末だもんね。
女性 : そうなの。昨日も遅くまで会社にいて、危うく終電に乗り遅れそうになっちゃった。
男性 : そうか。会社の大事な経理を預かってるんだもんな。頑張ってるね。

このように、女性が苦労している場面などは、内心褒めて欲しいところです。そこで、軽くさりげなく褒めると、女性の気持ちに寄り添い心に響く言葉になるでしょう。

将来のイメージを抱かせる

恋愛や結婚を想定した相手を求めた街コンや合コンなので、恋愛についての話題が出てくるのは自然なことです。女性の方から「好きなタイプの女性は?」とか「これまでどんな女性と付き合ってきたの?」などと、核心を突いたような質問が出てくるかもしれません。

これに対して、男性としては相手が気にいった女性であったとしても、ストレートに「君みたいな子だよ」などと露骨に返事をするのは避けた方が良いでしょう。まして、タイプではない女性に対して否定的な返事をするのは厳禁です。

そんなときは、付き合う女性に将来して欲しいことや一緒にやりたいことを想像させるような話をするとよいでしょう。具体的には、「美味しい料理を作ってくれる女性」とか「一緒にボードセーリングに付き合ってくれるアウトドア派な女性」など。

このように話を持って行くことで、女性は、彼との具体的な将来のイメージを思い描くことができ共感を持ってもらえるでしょう。

まとめ

取り立てて容姿に恵まれておらず、イケメンでなくても女性の気持ちを惹きつけることはできます。清潔感のある身だしなみは最低限のマナーですが、その上で、女性に対するちょっとした気遣いができることが重要なポイントです。

そうした気遣いや心配りは、日頃の人間関係の中で培われるものなので、日常生活の中で日々身に付けて行くよう心がけることが大切です。