女性は、「ダイエットは成功させたいけど、筋トレはしたくない」というひとが多いようです。なぜ、女性は、筋トレつまり筋肉トレーニングを嫌がるのでしょうか。実際、スポーツクラブなどで汗を流している女性の多くは、筋トレ用の器具やマシンが並ぶコーナーではなく、有酸素運動ができるコーナーに集中しています。

筋トレでムキムキの筋肉をつけたくないからというのが、その理由だといわれています。確かに、女性でも鍛えればムキムキの筋肉をしたボディービルダーになることは可能です。そこで、ダイエットのための筋トレ程度で、女性でも筋肉ムキムキになってしまうのかどうなのかなどについて解説します。

ダイエットで体には何が起こっている?

自分がこうありたいと望んでいる所定の体重や体型にするめに、体に付いた余分なお肉をそぎ落とすことがダイエットです。そのために、食事の量つまり摂取カロリーを減らすことになりますが、日常生活での活動量が変わらなければ、食事以外で活動のためのエネルギー源を求めることになります。

そのエネルギー源は体に付いている筋肉や余分な脂肪であり、それらを分解して活動エネルギーを得ることになります。その結果、望み通りに体重を減らすことに成功するというわけです。

ここで、勘違いしやすいのですが、ダイエットを実践して落ちて行くのは脂肪だけでなく、筋肉も同様だということです。つまり、脂肪と同じ割合で筋肉も落ちて行くため、体脂肪率は太っていたときと変わらず、体重は落ちてもスリムで締まった体型は得られなくてひと回り小さくなるだけです。

このように、食事の量を減らしただけのダイエットでは、体重は減るかもしれませんが体型は変わらず、そのうえ基礎代謝が落ちるのでリバウンドしやすくなるため、注意が必要です。

そこで、体重を減らし、体型もスリムで締まったスタイルを目指す正しいダイエット法はないのだろうかということになりますが、答えは簡単です。「食事の量を減らすダイエットに筋トレを組み合わせる方法」というのが、その答えです。

食事の量を減らしながら、従来の活動量を維持しようとすると、筋肉量も落ちてくるので、筋トレをして筋肉量を増やす努力が必要だということです。ただ、摂取カロリーを減らして行く中での筋トレなので、筋肉量が以前よりも多くなるということはなく、せいぜい現状を維持するのが精いっぱいということになってしまいます。

女性は男性に比べて筋肉ムキムキになり難い

食事量を減らし並行して筋トレを行うダイエット法では、筋肉量を現状維持できるだけで筋肉ムキムキになるわけではありませんが、結果としてスリムで締まった体型を手に入れることができます。

もちろん、個人差があるので、個々人が自分に合ったエクササイズで、ダイエットメニューを考える必要はありますが、ダイエットの考え方は間違ってはいないでしょう。筋肉ムキムキの体型を目指すこともできますが、そのための栄養素は必要に応じて摂取する必要があります。

ただし、筋肉ムキムキな体型になりやすいかどうかについては、男女差があります。結論をいうと、女性は男性に比べ、筋肉ムキムキには体質的になり難いとされています。

筋肉を発達させ逞しい体になるには「テストステロン」というホルモンが必要ですが、男性にはこのホルモンが豊富に分泌されます。これに対して、女性には男性の5~10%程度しか分泌されないことが分かっています。

そのため、女性が男性と同じくらいにハードに筋トレを行ったとしても、男性と同程度に筋肉量を増やすことはできませんし、筋肉ムキムキにはなり難いのです。女性の場合、よほどハードに筋トレをやらない限り筋肉ムキムキにはなり得ないので、しっかりと筋トレを行ってスリムで引き締まった体型を目指すことができます。

筋肉ムキムキにはならないが太ってしまう?

いくら女性が筋肉ムキムキにはなり難いと言っても、同じ部位の筋肉に負荷をかけ続けると基礎代謝が上がって、それなりには太くなってしまいます。女性でも、体質や体格は個々人で異なり個人差はあるので、一人ひとりに合ったダイエットメニューを考え、それに沿って筋トレを実施する必要があります。

そうすることで、望み通りの引き締まった体型を手に入れることができるでしょう。

筋トレも正しくやれば理想の体型になれる?

それでも、筋肉ムキムキになってしまうのではないかと不安に思う人もいるでしょう。そんな人には、世界で活躍しているミランダ・カーなどスーパーモデルといわれる女性たちの実情を知ることが、安心材料になるかもしれません。

彼らは、例外なく筋トレを実践しています。しかも、かなりハードに行っていますが、ムキムキにはならず引き締まったスリムな体型を保っています。肉体美を売り物にしているプロでも、かなりハードな筋トレを行っているのです。素人の女性が頑張ったくらいでは、筋肉ムキムキにはならないので心配はいりません。

まとめ

日本では、「痩せたいけど、筋肉ムキムキは嫌なので筋トレはちょっと・・・」などと、筋トレに対する間違ったイメージや思い込みを抱いている女性は多いようです。まだまだ筋トレに対する正しい理解が共有されておらず、間違ったダイエット方法を実践しているケースが多いのではないでしょうか。

今回ご紹介した記事をきっかけに、ぜひ筋トレを取り入れた正しいダイエット方法を実践していただければと思います。