内側から美と健康をサポートしてくれるスーパーフードは、とても身近な存在になりました。今回は、2018年上半期日本スーパーフード最新トレンドと、日本が誇るジャパニーズ・スーパーフードとの関係についてお伝えします。

2018年スーパーフード最新トレンド発表

一般社団法人日本スーパーフード協会では定期的に、「これから日本でブレイクする可能性が高いスーパーフード」を発表しています。日本の市場調査とアメリカ支部の現地リサーチによる発表内容は、毎回ヘルスケアや美容業界、飲食業界に大きな影響を与えています。

ではさっそく、年明けに発表されたばかりの「2018年上半期トレンド予測」を紹介します。これから各メディアで話題になりそうなスーパーフードが並んでいます。今から注目しておきましょう!

第1位 ファンクショナルマッシュルーム
第2位 進化系PONZU(ぽん酢)
第3位 スーパー天然プロテインパウダー
第4位 スーパー天然ビタミンC
第5位 スマートドラッグフード
第6位 MCTオイル
第7位 パープルフード
第8位 アーユルヴェーダ食
第9位 グラスフェッドビーフ・グラスフェッドバター
第10位 パフスナック

一般社団法人日本スーパーフード協会「2018年上半期トレンド予測スーパーフードランキングTOP10」より

ジャパニーズ・スーパーフードも健闘!

一般社団法人日本スーパーフード協会は、2017年11月「今後は日本の伝統食品も推奨していくこと」を提言し、ジャパニーズ・スーパーフードランキングを発表しました。今回のランキングに登場したスーパーフードを見てみると、確かにジャパニーズ・スーパーフードが大健闘しています。

ファンクショナルマッシュルームとITハナビラタケ

1位のファンクショナルマッシュルームは、有効成分が実証されている機能性キノコ類のことです。霊芝(れいし)やアガリクスなどが有名ですね。

ファンクショナルマッシュルームには、ジャパニーズ・スーパーフードランキングでも第1位に輝いたITハナビラタケが含まれています。ITハナビラタケは、「サイレントエストロゲン」という成分を持った白いキノコです。

女性ホルモンのエストロゲンには、良い細胞を増殖させる反面、がんのような悪い細胞まで増殖させるおそれがあります。ITハナビラタケが持つサイレントエストロゲンは、良い細胞の増殖は促進しますが、悪い細胞には反応しないという特徴があります。

進化系PONZU

2位の進化系PONZUは説明するまでもなく、日本人になじみのある調味料ぽん酢のことです。今回のランクインには、海外のPONZUブームが影響して逆輸入されたようです。進化系PONZUの代表は、アマゾンのフルーツ「カムカム」を使ったCAMU CAMU PONZUです。

海外にも昔から、ビネガーという穀物や果実の酢を使う食文化はあります。しかし、酢に「出汁(だし)のうまみ」を加えているのが、日本独特のぽん酢の特徴なのです。

パープルフードとムラサキイモ

7位のパープルフードは、抗酸化作用に優れたポリフェノールが豊富な野菜やフルーツのことです。特にマキベリーという南米のフルーツは、モデルや海外セレブから人気があります。

パープルフードには、ジャパニーズ・スーパーフードランキングでも7位だったムラサキイモが含まれています。ムラサキイモは抗酸化作用があるだけでなく、血糖値の上昇やメラニンの発生も抑えます。種類でいうと、沖縄の紅いも、千葉や九州のパープルスイートロードなどがあります。

ちなみにパープルフードの人気にはもうひとつ理由があります。それは、鮮やかなパープルが美しくて「インスタ映え」するから!

スーパーフードの資格

もっとスーパーフードについて学びたいのなら、本格的に勉強して資格をとるのも良いでしょう。信頼できるスーパーフードの資格には、一般社団法人スーパーフード協会(JSA)のスーパーフードマイスター、日本安全食料料理協会(JSFCA)によるスーパーフードアドバイザーがあります。この他にも似たような名称の資格はありますが、費用と内容をしっかり見極めてくださいね。

スーパーフードはマイペースで摂り入れよう

スーパーフードの定義は、国や団体によってさまざまです。残念ながら、日本の安全基準に満たない輸入食材、スーパーフードをサプリメントに加工して販売、スーパーフードを利用したネットワークビジネスなども横行しています。

間違った情報に踊らされないためには、「おいしそうだな」と思った食材を、マイペースで普段の食生活に摂り入れていくことです。スーパーフードは薬や健康食品ではなく、あくまでも「とても健康的な食材」だということを忘れないでください。

引用
「食歴」が長く、何世紀にもわたって人々の健康に寄与してきた食品であること。それにより、人体に及ぼす可能性がある、あらゆる問題が解明されており、その安全性に不安をもって食することがなく信頼がおけるもの。
引用URL:http://www.superfoods.or.jp/definition/

一般社団法人日本スーパーフード協会では、スーパーフードの基準をこのように定めています。食文化という歴史的な背景がなく、新たに開発された機能性食品はスーパーフードではないということですね。また、当然ですがサプリメントとフード(食材)は違います。

今や、美と健康は両立するのが当たり前!実は世界には、まだまだ知られていないスーパーフードがたくさん存在しています。これからも、スーパーフードの最新トレンドは要チェックです。