リクルートグループ2018年トレンド予測から、「婚活領域」について最新情報をお伝えします!今回、婚活にまつわる注目のトレンドワードとして発表されたのは「お見せ合い婚」でした。最初から自分をさらけ出すの?と不安になるかもしれませんが、実はSNS慣れした男女にとって、案外ごく自然に受け入れられる出会いの形です。

 

結婚したいのに生涯未婚?

リクルートといえば、有名な婚活サービス「ゼクシィ」を運営しているグループです。お見せ合い婚というトレンドワードも、実際の婚活現場をよく知っているからこそ発表されたものなのでしょう。

リクルートブライダルの調査によると、現在20代から40代の独身者は約1800万人、そのうち7割には恋人がいません。にもかかわらず、その半数以上が「いつか結婚したい」と考えています。しかし、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の調査では、45歳から54歳までの生涯未婚率は、年々男女ともに上昇しています。

あまり想像したくありませんが、いつか結婚したい若者も、生涯未婚の50代になってしまう可能性が高いということでしょうか?

希望の光はオンラインとSNS

ここで希望の光となるのがSNSなどのオンラインサービス。実際に、ゼクシィのような婚活サイトやアプリを使って、出会いから恋愛、最終的に結婚にいたるカップルは増えているのです。

現在婚活を行っている20代後半から30代は、10代からmixiを知っており、いち早くSNSを利用した世代といえます。そして、これから婚活をスタートする20代前半の多くは、すでにFacebookやInstagramを利用しています。

SNS慣れした婚活現役世代は、自分の日常を公開して共感を得ることに抵抗がありません。お見せ合い婚は、婚活を楽しいものにしてくれるチャンスなのではないでしょうか?

結婚を前提にする前からつながれる

昔は、結婚を前提にお付き合いするために確認することが決まっていました。身長や年収、親との同居、転勤の有無などです。最初から消去法なので、最初の段階でお互いの条件に合わなければそれまででした。みんなの結婚に求める条件が共通していたのです。

しかし今は、結婚を前提にする前に、オンラインで気軽につながれます。本当に好きになったら身長は気にならないでしょうし、年収はこれから上がるかもしれません。親との同居や転勤の有無も、2人でより良い選択肢を見つければいいのです。

プロフィールで多面性をさらけ出す

お見せ合い婚で大切なのは、自分と相手が世間的な条件に合っているかどうかより、お互いの多面性を隠さず、自然体で付き合えるかどうかです。

ある男性は婚活サイトでシングルマザーと出会い、その堂々としたところを好きになって結婚したそうです。これも女性側が自分を隠さず、自然体をアピールしていたからこそでしょう。

出会いのチャンスがたくさん!

婚活サイトやアプリに限らず、Facebook婚やInstagram婚もあります。ぜひ積極的に、個性や多面性をさらけ出しましょう。さまざまな出会いが待っているはずです。

 同じスポーツチームのファン同士
 趣味のコミュニティが開催するオフ会
 大人の朝活やサークル活動

写真が多い人はチャンスも多い

お見せ合い婚の面白いところは、何を「いいね!」されるか予想がつかないところです。SNSを使っていると、何の気なしに投稿した日常的な画像が、思いのほか好評で驚いたことはありませんか?

例えば、女性が家族写真をアップすると「大事に育てられた娘なんだなあ」という好印象につながります。男性がペットを抱いた写真は「優しそうで信頼できる人」というイメージにつながります。

また、出張撮影のサービスを展開しているfotowa(フォトワ)のアンケート調査では、子供の頃の写真を見せ合ったカップル、交際期間中のツーショット写真が多いカップルほど、円満な結婚生活をおくっているという結果が出ています。

詳しくはこちら⇒fotowa(フォトワ)アンケート調査

オンラインサービスの注意点

お見せ合い婚に欠かせないオンラインサービスですが、最後に注意点を確認しておきます。本気で婚活、恋活を考えているなら、公開範囲をひろげて自然体をさらけ出すのが一番です。しかし、交友関係と公開する情報の内容については慎重になりましょう。

交友関係はよく考えて

女性には、男性向け出会い系アプリのような「サクラ」と呼ばれる存在はいません。ただ、あやしい投資コミュニティやサークル主催者からの友達申請は、男女を問いません。コミュニティやサークルに参加するときは、あくまでも個人と個人の付き合いをベースに考えることが大切です。

友人知人は公開しない

次に公開する情報内容についてです。自分をさらけ出すついでに、友人知人の顔や本名までさらけ出さないように注意しましょう。誰もが自分の個人情報は慎重になりますが、友だちの個人情報にはうっかり鈍感になりがちです。

お見せ合い婚は、自分だけの個性や多面性をアピールすることから始まります。会社の同僚に内緒にしていたマイナーな趣味が、運命の出会いにつながるかもしれないのです。あなたも今日からSNSの使い方と公開範囲を、少しだけ見直してみませんか?