妊娠中や妊娠後でも気になるシミをどうにかしたいですよね。その場合、胎児や自分に悪影響はないのかがとても気になるところです。そこで、原因と妊娠中や妊娠後にできるシミの取り方についてご紹介していきます。

妊娠中や妊娠後にできるシミの原因

妊娠中にシミができやすくなる原因は、ずばりホルモンバランスの乱れによるものです。妊娠中は女性ホルモンが通常よりも多く分泌されるため、それがホルモンバランスの乱れにつながります。妊娠中にできたシミはホルモンバランスが正常に戻った時になくなるものですが、紫外線対策を怠っていると妊娠後もそのまま残ってしまうのです。そして、妊娠後は女性ホルモンが一気に減少することで、一年ほどはホルモンバランスが一定になりません。乱れたままの状態が続くので、紫外線対策をしっかりしていかないと、シミがさらに増え続けていきます。

妊娠中にシミ取りをしても大丈夫?

オールフリーで低刺激の美白化粧品なら、使用可能です。使う頻度を抑え、様子を見ながら使用していきましょう。あとは、なるべく化粧品やサプリメント、薬は使わずにケアをすることが大切です。新鮮なフルーツや野菜をこまめに食べることで補います。とくに朝のフルーツは胃腸を整え、健康にもよいですし、きれいな肌にする効果もあるので、積極的に摂取していきましょう。

妊娠中ではしてはいけないシミ取り方法

妊娠中にはしてはいけないシミ取り方法があります。なかにはもしかすると可能なケースもあるかもしれませんが、あとになって後悔するよりは、最初から試さない方が無難です。

レーザー治療によるシミ取り

レーザー治療をしたあとに使う薬に入っている成分が、人によってはあわずに肌トラブルを起こすケースがあります。治療によるストレスで胎児に影響が及ぶ可能性もあるので、妊娠中にはレーザー治療を行うのはやめておきましょう。

トレチノイン・ハイドロキノン成分の使用禁止

トレチノイン成分には、ビタミンAが含まれているのですが、このビタミンAが体内に多く入り込むと、胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。体内に直接摂取するわけではないからと、安心して多用してしまうことは危険なのでやめた方が無難です。それからハイドロキノ成分は、胎児に直接的な影響はありませんが、妊娠中で敏感肌になっているので、肌トラブルを起こしやすくなっています。使うのは控えた方がいいでしょう。

美白用サプリメントの摂取

妊娠中はサプリメントの常用は控えるものですが、とくにこの美白用サプリメントの使用はやめておきましょう。美白用のサプリメントは効果を高めるために、高い成分が濃縮されたものがほとんどです。胎児や使用する人にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があるため、使用しないでください。

妊娠後のシミを取る方法

妊娠中ではNGなことも、妊娠後では違ってきます。妊娠後に可能なシミを取る方法を紹介していきますので、参考にしてみてください。

いつから開始してもいいの?

産後直後は体力が落ちていますので、すぐに開始するのはNGです。しばらく様子を見て、歩くのも難なくできるくらいになってきてからにしましょう。

紫外線対策をしっかりと!

まずは紫外線対策を行っていきましょう。シミを消そうと躍起になるよりも、まずはこれ以上のシミを絶対に作らないという対策を実施していくことが大切です。妊娠中や妊娠後にできたシミは、紫外線を浴びることよって、大きく広がり濃くなってしまいます。そうならないためにも、紫外線カットの化粧品をつけ、日傘や日焼けカバーを身に付けて外出することが重要です。

トラネキサム酸配合の美容化粧品

トラネキサム酸が配合されている美容液や美容クリームを使用することで、シミがきれいになっていきます。トラネキサム酸にはメラニン色素を抑える成分が入っているので、新たなシミを作ることはありません。

低刺激で無添加の化粧品

ホルモンバランスが乱れているときは、肌はとても敏感になっています。強い刺激の美白化粧品をつけると、逆に肌トラブルが増えてしまうのです。そうならないためにも、低刺激で自然派の無添加化粧品を使う必要があります。

ビタミンCをこまめに摂取

美肌にするためには、ビタミンCを摂取することがとても大切です。体内に留めておけない栄養素なので、毎日こまめに摂取していきましょう。妊娠後ならサプリメントを併用することも可能です。上手に活用して、ビタミンCをこまめに摂取してください。

細心の注意でシミ取りをしていきましょう!

妊娠中や妊娠後では、さまざまな影響を考えて、シミ取りをする必要があります。ただ、一貫して言えるのは、妊娠中や妊娠後での最も大切な予防策が紫外線対策です。妊娠に関係なく、紫外線対策は必要ですが、妊娠中や妊娠後のときは、とくに気を付けてください。ホルモンバランスが乱れているときなので、注意しながらシミ取りをしていきましょう。