シミが消せたり、ニキビなどの肌トラブルに効果があると、何かと話題になっているヨーグルトパックですが、本当にヨーグルトパックがシミに効果があるのかが気になりますよね。果たして本当にシミが消せるのか、具体的にはどのような効果が期待できるのかを調べてみました。ヨーグルトパックのメリットやデメリット、作り方からパックの仕方などをご紹介していきますので参考にしてくださいね。

角質除去ピーリング効果でシミ消し

古い角質をはがしてくれるピーリングですが、ヨーグルトパックにはこのピーリング効果があるのです。ヨーグルトには酵素が含まれていますので、その成分が古い角質を取り除き、ターンオーバー機能を促進させてくれます。肌細胞を新しく生まれ変わらせることで、シミやニキビなどの肌トラブルを解決できるのです。

それからヨーグルトの上部にたまっている水分のようなものがありますが、これは乳清(ほえい)と言います。この乳清には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、メラニン色素の生成を抑制する働きがあるのです。ヨーグルトパックをすることで、メラニン色素の過剰な生成を止めてくれます。あと、ヨーグルトに含まれる乳酸菌にはプロテアーゼという分解酵素が含まれており、タンパク質成分を分解する役割があるのです。角質はタンパク質からできているので、古くなった角質を分解し、はがれやすくしてくれます。

ヨーグルトパックのメリット

ヨーグルトを使うことによって、シミなどの肌トラブルを解決するだけではなく、肌の潤い成分にも効果があります。ヨーグルトパックをしたあとは、肌の保湿成分がぐっと高まるのです。保湿成分が高いので、乾燥による肌荒れやしわ、たるみなどにも効果があります。アンチエイジングケアにもぴったりです。それから毛穴にたまった古い角質も取り除いてくれます。古い角質をためたままでいると、酸化して黒ずみの原因となるので、うれしい効果ですよね。とくに鼻の毛穴にたまっている黒ずみはとても気になるものです。ヨーグルトパックできれいにしていきましょう。

ヨーグルトパックのデメリット

いいことづくめのヨーグルトパックですが、敏感肌の人には、あまりおすすめできない方法です。敏感肌の人がやると、逆に肌トラブルを増やしてしまい、赤くなって炎症を起こしたり、ニキビが増えたりする場合がありますので、十分なパッチテストを行ってから使うようにしましょう。

あとは食べるものなので、匂いが気になることもあります。とくに夏などは、少し長く使うと匂いがきつく感じることもあるでしょう。その場合は、長く使用せずに5分程度ですばやく落とし、ていねいに洗顔をしてください。そのあとは、しっかりと保湿化粧品でカバーします。

ヨーグルトパックを作ってみよう!

実際にヨーグルトパックの作り方を説明していきます。人によって合う合わないがありますので、自分に合う材料を見つけ出して、オリジナルのヨーグルトパックを作ってみましょう。

ヨーグルトパックの作り方

ヨーグルトは何でも大丈夫ですが、いつも食べなれているものがベストです。体内で摂取しているもののほうが、肌にもなじみやすいでしょう。

ヨーグルト大さじ1にココアとハチミツを小さじ1いれてよくかき混ぜます。

ココアに含まれるポリフェノールには、抗酸化作用がありますので、ヨーグルトの酵素パワーに相乗効果でより一層美肌効果が期待できます。ハチミツには高保湿成分が含まれているので、肌の潤いを逃がさない効果があります。いくつも肌にいい成分がある3つの材料でパックを作るので、効果が高くなるのです。逆に肌がテカテカし過ぎて、気になる人は、ハチミツは抜かしてココアとヨーグルトだけのパックにしてみましょう。あとは、生地が緩くてぬりにくいときには、小さじ1の小麦粉を加えるとぬりやすくなります。

ヨーグルトパックのやり方

作り終えたら、あとは顔全体にパックをまんべんなくぬっていくだけです。ただし、目に入らないようにするため、目周辺にはなるべく付けないようにします。ヨーグルトパックをするときの注意点としては、しっかりとメイクを落としてから使用することです。

メイクの成分とヨーグルトパックの成分が混ざることで、肌トラブルにつながるケースがあります。なので、理想的なのはしっかりとメイクを落として、入浴後に行うことです。入浴が難しい場合は、メイクをしっかり落としたあとに、ていねいに洗顔をしてから、スチームタオルで毛穴を開かせてヨーグルトパックをぬるようにしてください。より効果がアップします。

ヨーグルトパックは効果抜群!

アンチエイジングケアとして効果を発揮するヨーグルトパックは、シミもきれいにしてくれる優れたケア方法です。人によっては合う合わないはありますので、必ずパッチテストをしその後に、顔に使うようにしましょう。ヨーグルトパックで潤いのある透き通った白い肌を目指してくださいね。