小麦色に焼けた肌は健康的なイメージがありますが、健やかで美しいお肌を保ちたいと思うなら、紫外線に気をつける必要があります。
紫外線なんて夏さえ注意すれば大丈夫なんて思っているなら、それは大きな間違い。紫外線による肌トラブルは、日照時間の短い冬にも起こり得ます。今回は、その原因と対処法についてご紹介します。

紫外線とは?

%e8%82%8c%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b

太陽光にはいくつかの種類があります。主に、肉眼で確認することのできる可視光線と、肉眼で確認することのできない不可視光線の二種類に分けることができます。
不可視光線に含まれる赤外線と紫外線は、私たちの視力に悪影響を及ぼすとされています。それだけでなく、紫外線には物体を劣化させたり、変色させる作用があることで知られています。
もちろん、紫外線は、私たちにデメリットをもたらすだけではありません。殺菌作用や新陳代謝の促進に役立ち、体の発育にも関係しているなど、メリットもあります。
とはいえ、お肌にとっては大敵とも言える紫外線。
紫外線は、その波長により「UV-A」「UV-B」「UV-C」に分類されますが、肌への影響はそれぞれに異なります。現在、地球の地表には「UV-C」は届いていないとされています。しかし、オゾン層の破壊により大気層に吸収されなくなると、私たちの体に悪影響が及ぶことになるでしょう。

「UV-A」による影響

紫外線の大半を占める「UV-A」。長期的な影響を肌に及ぼし、肌の老化を引き起こす原因になります。
紫外線の中でも波長が長いため、天候や季節に関係なく地表に届きます。活性酸素を活発にさせ、お肌の奥の真皮にまで届くため、お肌の潤いとハリに欠かせないコラーゲン・エラスチン繊維を破壊します。
お肌に潤いがなくなると、シワやたるみの原因になり、結果的にお肌の老化を早めてしまうことになります。

「UV-B」による影響

波長の短い「UV-B」は、紫外線の中にわずかしか含まれていませんが、その有害さという点では注意が必要です。
主に夏の晴れた日には、「UV-B」が多く降り注ぐとされています。お肌の奥に届いて蓄積し、長期的に悪影響を及ぼす「UV-A」と違って、「UV-B」はお肌の表面にしか届きません。
しかしながら、お肌に与えるダメージは大きく、表皮細胞や私たちのDNAを傷つけます。さらに、急激なダメージを与えることで、水ぶくれなどの炎症をお肌に引き起こし、しみの原因になります。
一般的に、紫外線に含まれる「UV-B」は、肌トラブルを引き起こすだけではなく、皮膚癌や白内障などの病気を引き起こすとも言われています。

紫外線による肌トラブルの種類は?

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

紫外線により、しみやシワ、たるみが引き起こされると上述しました。その他には、いったいどのような肌トラブルを引き起こす恐れがあるのでしょうか?

色素沈着の原因に

色素沈着を引き起こすメラニン色素ですが、実際には、肌を守る役割があります。肌になんらんかの刺激を感じると、色素細胞からメラニン色素が分泌されます。
お肌のターンオーバーが正常に行われているなら、自然とメラニン色素は消えることになります。しかし、紫外線を浴び続けてお肌に炎症などのトラブルを起こしてしまったり、ストレスなどが原因でお肌のターンオーバーが正常に行われていなかったりすると、色素沈着を起こしてしまいます。
色素沈着をそのままにしておくと、シミになる可能性が高くなります。

そばかすの原因に

遺伝的要素や過度のストレス、間違ったスキンケアなど、そばかすの原因になるものはいくつかありますが、紫外線がその最たるものだとされています。
紫外線を浴びると、活性酸素が活発になります。体内で活性酸素が増加することで、色素細胞が刺激されてしまい、メラニン色素を過剰に分泌します。
紫外線対策を怠ったり、生活習慣の乱れなどでお肌のターンオーバーが正常に機能しなくなると、メラニン色素は蓄積していき、そばかすを発生させます。

お肌のバリア機能を低下させる

お肌を健康に保つためには、お肌のバリア機能が正常に作用している必要があります。お肌のバリア機能は、肌表面にある薄い角質層がしっかりと潤っており、お肌を乾燥や刺激から守ってこそ正しく機能します。
しかし、紫外線は、そのバリア機能を低下させてしまいます。お肌のバリア機能が低下すると、お肌に蓄えられえていた水分が蒸発してお肌の乾燥を招いたり、外部刺激から肌を守ることができなくなるために肌荒れを引き起こすことになります。

夏だけでなく冬でも注意が必要な紫外線

078c1f05284a057394976db731de5428_s

肌の表面がチリチリするほど太陽の光が強く当たれば、お肌への直接的なダメージを受けていると感じやすいのではないでしょうか。
日差しの強い夏は、日焼け対策や紫外線対策をしっかりする方も多いでしょう。冬の紫外線は夏の紫外線よりも威力は少ないかもしれません。しかしながら、紫外線ケアを怠ってしまいがちな冬のほうが、直接お肌に紫外線を浴びていることが多いようです。
「UV-B」は夏よりも少なくなりますが、気をつけたいのが季節にかかわらず地表に降り注いでいる「UV-A」です。
冬に「UV-A」が降り注ぐ量は、夏のピーク時の3分の一ほど。ですが、お肌の奥深くにまで届き、メラニン色素を増やすだけでなく、お肌のハリや潤いを保つのに欠かせないコラーゲン繊維にダメージを与えます。
肌の炎症や免疫機能低下などの急性傷害をもたらすよりも、しみやシワなどの慢性傷害をもたらす「UV-A」は、紫外線に無防備になる冬こそ気をつける必要があると言えるでしょう。

紫外線による肌トラブルへの5つの対処法

img_8178

紫外線によるお肌へのトラブルを防ぐため、5つの対処法をご紹介します。

1.日焼け止めを常に使う

手軽にできる紫外線対策として、日焼け止めは有効です。紫外線による肌トラブルを防ぐためにも、下記の点に注意して日焼け止めを選ぶようにしましょう。
・SPF値がそれほど高くないもの
・石油系鉱物油が使用されていない、お肌に優しいもの
・こまめに塗りなおせるもの
・サンプルを使い二の腕でパッチテストをする

2.紫外線が強い時間の外出を避ける

1日のうちでもっとも紫外線が強い時間帯は、外出を控えるのも効果的です。一般的に、午前10時から午後2時までがもっとも紫外線が多い時間帯とされています。
どうしても外出しなければならない場合には、日傘を使用したり、なるべく日陰を歩いたりするなど、紫外線を浴びないように心掛けるようにしましょう。

3.できるだけ肌を露出しない

長袖の服を着るなど、紫外線を直接肌に浴びないようにすることも大切です。ただし、どんな服でも紫外線を完璧にシャットアウトできる訳ではありません。
色であれば、黒や青などが紫外線を通しにくく、素材であれば、UVカット素材はもちろん、ポリエステルなども紫外線を通しにくいとされています。

4.活性酸素を減らす生活スタイルを築く

紫外線を浴びると、体内の活性酸素の働きが活発になります。活性酸素が増えると、体内の細胞が傷つけられます。そうすることで、病気や老化の原因になってしまいます。
それらを防ぐためにも、活性酸素を減らす生活スタイルを心掛けましょう。喫煙を控えるほか、ストレスをうまく解消したり、適度な運動をしたりすることも重要です。
過度の飲酒を避け、ビタミンcやビタミンEが豊富に含まれている食品をバランスよく摂取し、食生活を見直すことも助けになります。

5.紫外線を浴びた後のアフターケアをきちんと行う

紫外線を浴びた後は、アフターケアをきちんと行いましょう。うっかり日焼けをしてしまった後には、熱を冷ますことが大切です。それと同時に、保湿もしっかり行うことも忘れないようにしましょう。
水分補給をこまめに行い、タンパク質やビタミンC、亜鉛などのミネラルや栄養分がたっぷり含まれている食物を積極的に摂取します。そうすることで、お肌の機能をアップさせることができるでしょう。

まとめ

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

紫外線にもメリットはありますが、肌トラブルを引き起こす原因になることも理解できました。
紫外線をまったく浴びずに生活することは無理ですから、対処法をしっかり行って、紫外線によるお肌へのダメージを少なくすることが大切です。
また、アフターケアをきちんと行うことで、紫外線によるお肌への悪影響を軽減することができるでしょう。
なにより、いつでも紫外線対処法や紫外線ケアを心掛けることが、一番なのではないでしょうか。美しく健康なお肌を保つためにも、夏だけでなく一年を通して気をつけたいですね!