冬になると肌が毎年乾燥して困る方も少なくないのではないでしょうか?暖房や湿度の低下で、肌は一気にストレスを抱えてしまいます。すると肌は乾燥していき、赤ら顔になったり、乾燥じわが起こったりしてトラブルを起こしてしまいます。どんな保湿方法が、適しているのかご紹介していきましょう。

肌が乾燥するのはどうして?

肌が乾燥する時ってどんな時ですか?特に冬場に乾燥が多いと思いますが、その原因としては、みなさんもご存知の通り、肌内部の組織に水分が減少してしまうからなのです。主に秋口から水分が減少していきますが、これは周囲の湿度が低下してしまうためです。肌が乾燥する原因には、このほかにもストレス、睡眠不足、紫外線、加齢、ビタミン不足といった原因でも乾燥が始まります。湿度が下がり、肌から逃げる水分量が多くなると、どうしても肌は乾燥する方向に向かってしまいます。だから乾燥を防ぐには、周囲の湿度を上げるか肌から逃げていく水分量を抑えるかどちらかをおこなわなくてはいけません。

肌が乾燥している時、肌の内部ではどんなことが起こっているの?

肌の表面はおよそ0.02mmの薄い膜で覆われています。これを角質と呼んでいますが、肌が乾燥すると、この角質に肌あれやしわ、かさつきが生じます。角質の役割は、水分の「保湿機能」をもち、外からの刺激であるアレルギーや紫外線といった外敵から、肌をまもる「バリア機能」ももっています。肌が乾燥してしまうと、肌のターンオーバーが乱れていきます
すると肌の角質層に未熟な角質細胞ができあがり、未熟な角質層が成長しても、肌のバリア機能が正常に行われませんから、さらに乾燥が進むという悲しい連鎖になってしまいます。こうした悪循環が、肌あれや乾燥じわを作る原因になるのです。

肌が乾燥するときは、主に皮膚の表面が薄くなっているところが多く、頬や目の下を中心に乾燥が広がっていきます。これをなくすには、正しい保湿が必要です。

肌の保湿とは?正しい保湿のしかた

肌の乾燥を防ぐには、正しい保湿をおこなうことが大切です。それには、角質層を正常に戻してあげる保湿のしかたが必要です。今まで未熟な角質細胞だったのを、正常な角質細胞にするまで保湿をしっかり行います。

保湿を行う時には、化粧水と乳液を使用しますが、化粧水はできるだけたっぷり使用するようにしましょう。コットンに含ませ肌を軽くたたくような感じで、肌の奥まで水分が行き渡るようにタッピングします。そして乳液ですが、乳液はタッピングした化粧水が肌から蒸発するのを防ぐために必要になります。肌全体を覆うように、適度な量(べたつかない程度)を肌に塗りこんでいきます。

正しいスキンケアを行っていれば、必ず未熟だった角質は正常な角質に戻っていきます。それまでにはしばらくかかりますが、諦めずに毎回正しいスキンケアを行うことが非常に重要になっていきます。

肌の保湿に適しているのはコレ

肌の保湿に適している商品をご紹介しましょう。

肌を保湿する化粧水

「無印良品 / 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」の化粧水が、口コミでも人気が高いです。お値段も200mlが666円 、400mlが1,142円とお手頃価格なのが嬉しいですよね。無印の高保湿タイプの化粧水は、肌を守ってくれるスベリヒユエキスを加え、さらにグレープフルーツ種子エキスも加わっています。その他、保湿効果の高いリピジュアRやヒアルロン酸も配合されていますから、使い心地はとろみがあるのに、しつこくない。そして使い続けるごとに保湿効果がアップして、肌がきめ細やかになるようですよ。

公式ホームページはこちらから↓

無印良品公式サイト

肌の保湿クリーム

肌の保湿クリームで評判が高いのは「ニベアクリーム」です。お値段が安いのもありますが、たっぷりつけられるのがメリットのようです。また「キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム」も人気です。潤い成分セラミドとユーカリエキスを配合して、角質層までじっくり浸透していきます。無香料、無着色、アルコールフリーなのも嬉しいですよね。

公式ホームページはこちらから↓
「ニベア」
「キュレル」

 

肌の保湿をアップさせる食べ物

肌の乾燥を予防する食べ物は、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、セラミドなどを含んだものがよいでしょう。角質が分厚くなっていくのを防ぐためにはビタミンAなどを加えると、ターンオーバーが乱れることがなく、肌が正常化していきます。かぼちゃや人参、うなぎなどがビタミンAの多い食材です。

セラミドを多く含む食材は、こんにゃく、小麦胚芽、ブロッコリー、しらたき、黒ごま、黒豆、大豆などです。
ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンCを多く含む食材は、ささみ、豚肉、牡蠣、野菜などです。このような食材を日常的に取り入れることで、肌の乾燥を防ぐことができるのです。

肌の保湿に人気が高いニベア

肌の保湿に効果が高いと口コミで評判なのが、「ニベア 濃密保湿洗顔料」です。ニベア商品は全体的に保湿効果が高い商品ですが、洗顔料から濃密な保湿を備えている商品はなかなかないかもしれません。ニベア配合のもっちりした泡立ちの良いクリームで洗顔すると、しっとりなめらかな美しい肌に。

公式ホームページはこちらから↓
ニベア公式サイト

シンプルに肌の保湿をするならワセリン

ワセリンが乾燥に効くというのも有名ですよね。ワセリンの上手な使い方は、スキンケアの仕上げに使う方法があります。化粧水、乳液をつけたあと、肌に最終的な蓋をするかのごとく、ワセリンを薄くぬります。ワセリンには白色ワセリンと黄色ワセリンとがあり、肌の弱い方は白色ワセリンがおすすめです。

商品の注文はこちらから↓
Amazon商品サイト

まとめ

冬場になるとどうしても乾燥しがちな肌。どうやったら乾燥から守れるかお分かりいただけたでしょうか?
基本的に角質層のターンオーバーを正しくさせてあげることが大切です。肌が乱れている間は、しばらく肌が整うまで我慢して、正しいスキンケアを続けてください。すると段々肌が乾燥肌から脱出することができますよ。