髪や肌をすこやかにサポートしてくれるアルガンオイル。デイリーケアとして愛用している人も多いのではないでしょうか?オイル美容ブームのおかげで、たくさんのブランドが取り扱うようになり、昔よりはずっと手に入りやすくなりました。今回は、アルガンオイルを美容液として使う場合の正しい順番と美容効果について解説します。

美容液を使うときの正しい順番

洗顔後やお風呂上がり、あるいはスキンケアの最後に。用途の幅が広いアルガンオイルですが、使う順番に迷ってしまうこともあるでしょう。まずは初心にかえって、基礎化粧品の定義をおさらいしておきましょう。

下地やファンデーション、口紅やマスカラなどメーキャップに使うアイテムを化粧品と呼びます。一方、素肌のコンディションを整えて保護するスキンケアアイテムが、基礎化粧品です。

1.洗顔料やクレンジング
2.化粧水
3.美容液やパック
4.乳液
5.クリーム
6.日焼け止め

上記が一般的な基礎化粧品の種類と使う順番です。しかし、オールインワンゲルが見当たりませんね。スキンケアと日焼け止めを兼ねたミネラルファンデーションやBB、CCクリームもありません。美容業界は時代とともに進化しているため、昔の定義に当てはまらないアイテムが、どんどん増えているのです。

使用する順番もさまざまで、洗顔後すぐにブースターとして使う美容液やクリームもあります。ブースターとは、美容成分や保湿成分が浸透しやすくなる導入液のことです。基礎化粧品は、もはや順番にこだわる時代ではなくなっているのです。

アルガンオイルを美容液として使う

アルガンオイルは、スキンケアの最初から締めまで、オールマイティに使えます。各ブランドによって、その他の美容成分やオイルの精製が違い、クレンジングに適したタイプ、美容液に適したタイプなどがあります。肌のニーズに合わせて順番にこだわらず、自由に使っていきましょう。

アルガンオイルと日焼け

オイルという言葉から、油焼けを心配する人がいるかもしれません。たしかに、オイルには酸化しやすいものと酸化しにくいものがあります。しかし、アルガンオイルは酸化しにくいうえに、軽いUV対策としても機能します。

近年、筑波大学の北アフリカ研究センター磯田博子教授によって、アルガンオイルにはメラニン生成を抑制する効果があると発表されました。酸化しにくいオイルには、他にもオリーブオイルやココナッツオイルなどがありますが、分子レベルでUV効果が確認されているのはアルガンオイルだけです。

アルガンオイルのビタミンE「γ-トコフェロール」

アルガンオイルに豊富に含まれているビタミンEは、天然の「γ-トコフェロール」です。ちなみに、オリーブオイルにはα-トコフェノール、ココナッツオイルにはトコトリエノールが含まれています。ビタミンEにもいろいろな種類があるのですね。

γ-トコフェロールは、色素沈着や炎症の改善をサポートするはたらきがあるため、ヒアルロン酸とコラーゲンに続く第3の美容成分として注目されています。もともと人間の皮膚内に存在する成分なので、塗るだけで誘導体が反応すると考えられているのです。

アルガンオイル美容液を厳選!

美容効果はもちろん、安全面でも安心、なおかつ口コミの評判も上々なアルガンオイル美容液を厳選しました。

アルガン コンセントレイト ピュア オイルセラム/メルヴィータ

アルガン コンセントレイト ピュア オイルセラムは、スキンケアの最後に使うアルガンオイル美容液です。特徴は、上質なオイルにジパルミトイルヒドロキシプロリンが加えられていること。

ジパルミトイルヒドロキシプロリンとは、コラーゲンを構成するアミノ酸ヒドロキシプロリンを、オイルになじむよう改良した複合体です。アルガンオイルの保湿力とプロリンによる肌のハリ、両方しっかり浸透します。

メルヴィータはアルガンオイルのアイテムが豊富で、その名も「アルガン フェイス コンプリート」というスキンケアフルセットもあります。また、「アルガン タッチオイル」はめずらしいロールオンタイプです。
公式サイトはこちら

アルガンオイル ローズ/ローズ ド マラケシュ

アルガンオイル ローズは、化粧水のあとに使います。コールドプレス製法で成分を安定させたアルガンオイルに、モロッコのダマスクローズ、モロッコ王室のセンチフォリアローズがブレンドされています。

アルガンオイルといえばモロッコですが、ローズ ド マラケシュはモロッコ美容をテーマとして誕生したブランドです。製品を販売するだけでなく、現地でのアルガンオイル生産、加工にも深くかかわっています。アルガンオイルブームの火付け役といってもいいでしょう。
公式サイトはこちら

アルガンオイルは、実ではなく、その種の核を砕いてやっと抽出されます。すりつぶす、圧力をかけて絞り出す、どちらにしても手間ひまは相当なものです。だからこそ、たった一滴にたくさんの美容効果が詰まっているのでしょう。