保湿ケアは当たり前にしているけれど、もし保湿をしなくなったらあなたの肌はどうなるのでしょうか?
保湿をやめると、様々な肌トラブルが起こるかもしれません。ここでは、保湿の重要性や正しい保湿ケアの方法をご紹介します。

保湿の重要性

普段、肌を触ったとしてもすぐに湿疹やニキビができることはありません。これは、角質層のバリア機能が働いているためです。
角質層には、セラミドや天然保湿因子など水分を保つ役割を果たすものがあります。
これらの数や質は生まれつきのものですが、加齢や睡眠不足、偏った食事、ストレスなど様々なことの影響を受けて本来の役割を果たせなくなるのです。

また、外気や紫外線、摩擦などの刺激によって角質層が傷ついても、水分を保つことができなくなって乾燥します。保湿とは角質層にうるおいを与えて、本来の機能を取り戻したり、機能の低下を防いだりすることです。

保湿をしないとどうなる?

保湿をしないでいると、あらゆる刺激によって角質層の保水機能が失われて肌が乾燥してしまいます。乾燥すると、カサカサとした状態になりますが、これによって様々なトラブルが起こりやすくなるのです。

角質層がうるおっているということは、肌のバリア機能が正常に働いている状態なので、少しの刺激で肌トラブルが起こる心配は少ないのですが、肌が乾燥していると簡単にトラブルが起きてしまうのです。

肌トラブルには、赤みやかゆみ、ヒリヒリ感、湿疹、ニキビ、蕁麻疹などがあります。
さらに、乾燥している状態では、身体が「もっと皮脂を出さなければ」と反応して、過剰に皮脂が分泌されるようになります。

皮脂は、角質層の水分が蒸発しないように皮膚に存在しているのですが、過剰な皮脂は毛穴を詰まらせてニキビを引き起こす場合があります。
皮脂と古い角質が混ざり、そこにアクネ菌が増殖すると、炎症を伴う赤ニキビになるのです。

正しい保湿ケアの方法は?

保湿ケアでは、化粧水だけではなく乳液やクリームを使いましょう。
化粧水は肌に水分を与えるだけなので、水分を保つ作用はありません。
化粧水を塗ってから乳液やクリームを使いましょう。
乳液やクリームには、皮脂と同じような水分の蒸発を防ぐ役割があります。

元々、肌が脂っぽい場合でも使うことが大切です。これは、肌が脂っぽい原因で乾燥の可能性があるからです。

また、保湿を意識しすぎて必要以上に化粧水や乳液、クリームを使用すると、本来の保水機能が低下してしまう可能性があります。そして、乾燥肌や脂性肌など自分の肌質に合わせてケアをすることが大切です。

・乾燥肌
セラミドを補えるタイプの化粧水を使いましょう。
乾燥肌ということは、セラミドが少なくなっている可能性があるためです。

・脂性肌
抗酸化作用があるビタミンCやビタミンEなどが含まれた化粧水を使いましょう。
皮脂が酸化すると、肌に刺激を与えるようになるためです。

また、少しの刺激で肌トラブルが起こる敏感肌の方は、アルコールや添加物など様々な刺激物が含まれないものを選びましょう。

乾燥しやすくなる原因と対策

乾燥しやすくなる原因と対策は次のとおりです。

・水分不足
食事のとき以外は水分補給をしないという方もいるのではないでしょうか。
身体の大半が水分でできているように、水分は生命維持のために必要なものです。
水分不足になると、重要な臓器の機能維持のために水分が使われ、皮膚など生命維持に大きく関係していない部分に支障が出ます。
そのため、水分不足だと肌が乾燥してしまうのです。一気に多量の水を飲むのではなく、こまめに水分を補給しましょう。

・間違ったスキンケア
古い角質を落とすピーリングを頻繁にしていると、十分に育ち切っていない角質が肌の表面へと上がってきます。
未熟な角質は水分を保持する能力が低いため、すぐに乾燥してしまうのです。
また、ゴシゴシとこするような洗顔も原因となります。
ピーリングは週に1回程度にしておき、優しく洗顔しましょう。

・部屋が乾燥している
部屋が乾燥していると肌も乾燥しやすくなります。
加湿器を使って部屋の湿度を適正に保ちましょう。
お金をかけたくないのであれば、濡れたタオルを部屋干ししておくとよいでしょう。

この他、肌のターンオーバーを整えるために、十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、ストレス解消を心がけましょう。
そうすることで、角質層の状態もよくなり、乾燥しにくくなるでしょう。
また、ダイエットをしている人は栄養バランスが悪くなりやすいので、食事を減らすのではなく、運動量を増やしてダイエットしてくださいね。

乾燥を防ぎつつ化粧水を使おう

どれだけ化粧水を使っても、乾燥しやすい状態を改善しなければ、乾燥を完全に防ぐことはできません。
こまめな水分補給や部屋の加湿、正しいスキンケアを行いつつ、毎日洗顔後に化粧水で保湿ケアをしましょう。