毎年、必ずと言っていいほど、季節の変わり目になると風邪をひいてしまったり、体調を崩してしまう方は多いのではないでしょうか。
この時期はわかってはいるのだけど、どうしても調子が悪くなってしまう、そんな方は一緒に肌荒れも引き起こしていませんか?

季節の変わり目は体調だけでなくお肌も不調になりやすいです。

新生活目前だったり、長期の休みの前後など、ちょうど生活が一変する時期に体やお肌の調子が悪いと、せっかく心機一転、がんばろうと思っていたのに出鼻を挫かれたような気になってしまいますよね。

そんな、季節の変わり目に訪れる、体の不調や肌トラブルとおさらばするために、不調を引き起こしてしまう原因と回避する方法を考えてみましょう。

「よし、がんばろう」という決意をムダにさせないためにはどうすればよいでしょうか。

季節の変わり目の肌トラブルの原因とは!?

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

いつもはそんなに気にしていなくても、季節の変わり目になると急に肌トラブルを起こしてしまうという方も少なくありません。

季節の変わり目はお肌の状態が安定しない「ゆらぎ肌」という状態になり、特定の時期にだけトラブルを引き起こしやすくなるのです。

ゆらぎ肌を引き起こすには様々な原因があります。

紫外線などの外からの刺激

季節の変わり目は天候も変わりやすく、急激に紫外線量が増えることもあります。

特に冬から春、春から夏への変わり目は日差しがみるみるうちに強くなり、注意が必要です。

春先はまだ日差しが柔らかいですが、曇っていても地上まで届く紫外線もあります。

日差しが少ない、柔らかいからと言って、紫外線対策を怠ってはいけません。

紫外線は肌にとてもよくありません。

肌から水分を奪い乾燥させてトラブルを起こしやすくするほか、肌を劣化させるシミなどの原因にもなります。

また、春先の花粉などもかゆみや乾燥を引き起こす原因の一つとなり、肌トラブルへとつながります。

季節の変わり目の寒暖差

季節の変わり目に起こる気温の寒暖差はそれだけでもお肌にとっては大きなストレスとなります。

あたたかくなると皮脂の分泌が増えてにきびができやすくなったり、昼夜の寒暖差で乾燥を引き起こすこともあります。

また、気温の変化に身体の体温調整が追いつかず自律神経のバランスが乱れることによって内臓機能が低下し、それが影響して肌トラブルを引き起こす原因となる場合もあります。

生活環境の変化

季節の変わり目、特に春先は、入学や卒業、入社や人事異動などによる生活環境の変化で特にストレスを感じやすい時期です。

心理的なストレスは自律神経のバランスを崩し、お肌の状態にも大きく影響をもたらします。

ストレスを感じると、身体は活性酸素を発生させます。この活性酸素が体を錆びつかせてしまう老化の主な原因になります。

またストレスはリンパ球の働きも悪くしてしまうので免疫力が低下し、体調を崩して風邪をひきやすくなったり、肌のバリア機能が低下して肌トラブルを引き起こします。

いつも一緒じゃダメ!季節に応じたスキンケアを

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

自分に合っていると思ってずっと使っていた化粧品でも、ある時から合わなくなったという経験はありませんか?

お肌の状態は季節や時期によってどんどん変化していきます。

ずっと使っていたし、前はなんともなかったからと言って、お肌に合わない状態にくなった化粧品を使い続けるのは非常に危険です。

ですから、自分のお肌の状態は常にしっかり把握し、合わなくなったと思ったら即すぐ別の商品に切り替えるくらいの柔軟性も必要です。

また、いくらケアしても肌トラブルが改善されない場合は、アレルギーの可能性も考えられます。

その可能性がある方は、そのまま化粧品を使い続けていると肌トラブルが悪化してしまうこともあるので、セルフケアでお肌の状態が改善されない場合は、皮膚科やクリニックで受診することをオススメします。

クリームや美容液も衣替えが必要

季節が変わって気温が変化してくると、洋服も衣替えして季節に合わせたものを着ますよね。クリームや美容液も、その時の季節によって衣替えをするようにしましょう。

夏場や湿度の高いときはさっぱりなもの、乾燥しがちな冬や春先はしっとりと保湿成分の沢山入ったものなど、自分のお肌の状態をよく観察して季節に応じた基礎化粧品を使うことを心がけましょう。

また、頬や顎は乾燥するけど、鼻やおでこは脂っぽいなど、部位によって状態が違う場合は、頬や顎はしっかり、鼻やおでこは控えめにクリームを塗るといったように、その部位にあわせてケアすることも大切です。

薄化粧で肌の負担を減らす

季節の変わり目でお肌が敏感になっているときは、いたわって薄めの化粧をすることで、お肌へかかる負担を減らすことができます。

薄めにすることでメイクを落とすときも低刺激のクレンジングを選ぶことができ、一石二鳥です。オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強く肌への刺激が大きいものが多いので、肌の負担を考えるならジェルタイプかクリームタイプが良いでしょう。

メイクを落とす際に、肌表面の必要な皮脂を取りすぎてしまうと、余計に皮脂の分泌を促してにきびの原因となるので注意が必要です。敏感肌の方はオリーブオイルなどの天然オイルもオススメです。

ゴシゴシ洗いは厳禁

お肌を清潔に保とうと、洗いすぎてしまったり、ゴシゴシと擦るのは厳禁です。

洗いすぎると肌表面に必要な皮脂を取りすぎてしまい、逆効果です。

洗顔料はお肌に負担のかからないやさしいものを選び、擦らず泡をしっかりたててマッサージするようにやさしく洗いましょう。

保湿は美肌の基本

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

お肌を美しく保つには保湿が欠かせません。保湿でお肌に潤いを保つことによって肌のバリア機能を高め、刺激から肌を守ります。

角質層の間に汚れが入り込むのを防ぎ、清潔な状態に保つことができます。

ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿力の高い成分がたっぷり入った基礎化粧品を選び、お肌に潤いを与えましょう。

生活習慣の乱れは肌の乱れ

生活習慣が乱れると、自律神経が乱れてしまい、肌荒れを引き起こします。

自覚症状はなくても、身体が無理していればいずれ不調がでてきます。

ストレスが溜まっていたり、睡眠時間が足りなくなったりしても自分では大したことはないと思っていても、肌が荒れることがあります。

それにより、お肌のターンオーバーが乱れ、肌の再生が遅れることにより肌トラブルを引き起こす原因となります。

肌が荒れ始めたら、生活習慣乱れていると自覚しましょう。

正しい食生活を心がけましょう

季節の変わり目は生活環境が変わって忙しくなりがちです。

しかし、忙しいからと言って外食ばかり続いたり、偏った食生活をしていると、体調も崩しやすく肌トラブルも引き起こしてしまいます。

特に野菜不足は、現代人にはよくありますよね。

ですが、野菜にはビタミンやミネラルなど肌の健康には欠かせない栄養素がたくさん入っていますので、意識して食べるようにしましょう。

例えば緑黄色野菜やチーズ、レバーに含まれるビタミンAは肌荒れやかさつきを予防する効果があります。

ビタミンCやビタミンEは抗酸化作用によって活性酸素を抑制し、老化を防ぐと共に、シミやしわを予防する効果があります。

ストレスを感じやすい季節の変わり目は、身体に活性酸素が増えやすく、老化の原因となります。

また、活性酸素は生活習慣病の原因ともなるので、積極的にビタミンCやビタミンEを摂取することによって、お肌を綺麗にするだけでなく、生活習慣病の予防にも効果的です。