シミがいつの間にか消えているということもあれば、いつまで経ってもシミが消えない場合もあります。これは、そもそも間違ったケアをしているため消えないと考えられますが、実はセルフケアでは改善できないシミもあるのです。
そういったシミは、クリニックで治療を受ける必要があります。ここでは、消えるシミと消えないシミの違いや原因についてご紹介します。

消えるシミの特徴

消えるシミは、メラニン色素が肌に沈着したものです。メラニン色素とは、肌が刺激を受けたときに、肌の奥深くにあるメラノサイトから分泌される色素で、刺激を肌の奥へと侵入させないようバリアを張る役割を果たしています。

つまり、メラニン色素は身体にとって有益な働きをしているものであり、「メラニン色素=シミを作る悪いもの」という訳ではないのです。

メラニン色素は、通常では肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって自然に排出されるので、ターンオーバーが活発な若い人はシミができにくくなっています。
しかし、年齢を重ねるごとにターンオーバーが活発でなくなっていくと、メラニン色素を排出しきれず肌に沈着させてしまうようになるのです。しかし美白化粧品などでメラニン色素の排出を促すことで、シミを消せる可能性があります。

消えないシミの特徴

消えないシミには、以下のようなものがあります。

ADM(後天性真皮メラノトーシス、両側性遅発性太田母斑)
濃い老人性色素斑

・ADM
額の両端や頬の骨のあたりなどに、灰褐色のシミがいくつかまとまって現れます。これは、皮膚の表面ではなく真皮層という肌の奥にある層にメラニンが存在したものです。
本来、メラニンは紫外線や摩擦などの外部刺激を受けたときに分泌されるものですが、ADMの場合はそういった原因がないにもかかわらず、メラニンが作られています。
皮膚の表面ではなく、肌の奥にある層にメラニンがあるため、美白化粧品などでは改善が期待できません。

・濃い老人性色素斑
日光によく当たる顔や腕、手の甲などにできる茶色のシミです。長年にわたって紫外線を受け続けることでできるものと考えられており、60歳以降でできることが多いです。
稀に20代でもできてしまうことがあるので、早いうちから対策をしておきましょう。
消えるシミと同じメカニズムでできるものですが、濃すぎるシミは美白化粧品では消すことが難しいのです。

消えるシミの対策

消えるシミをセルフケアしたい場合は、美白成分が配合された「美白化粧品」を使いましょう。
メラニンの還元を促したり、メラニンを作られにくくしたりする成分があります。その中でも美白化粧品に含まれていることが多いのが、次の成分です。

・ビタミンC誘導体
ビタミンCには、メラニンの還元作用があるのですが、肌に浸透しにくいという特徴を持ちます。そこで開発されたのが「ビタミンC誘導体」です。
肌に浸透しやすいよう加工されており、肌に浸透してからビタミンCへと変わります。ただし、肌への刺激が強く、乾燥させるというデメリットもあるので、保湿成分も一緒に含まれている美白化粧品を選びましょう。

・ハイドロキノン
クリニックで使用される成分ですが、低濃度であれば化粧品にも配合できます。肌の漂白剤とも呼ばれるほどに高いメラニンの還元作用が期待できます。

これらの他に、エラグ酸やアルブチン、カモミラET、トラネキサム酸などがあります。
ビタミンC誘導体とハイドロキノンがメインで配合されており、補助として他の美白成分が含まれたものを選びましょう。

消えないシミの対策

・ADM
肌の表面のメラニンが原因ではないので、美白化粧品などを使用しても改善は期待できません。
シミの治療に使用されることがあるレーザーも、肌の奥深くまで届くタイプのものでなければ十分な効果が期待できないのです。
ADMには、肌の奥深くまで届くQスイッチレーザーが使用されることがあります。

・濃い老人性色素斑
ADMと同じくQスイッチレーザーを使用します。他のレーザーを使用することもできますが、Qスイッチレーザーは強力であるため、10日前後という比較的短い期間で改善が期待できるのです。

他にも、美白成分に微弱電流を流してイオン化させ、肌への浸透性を高める「イオン導入」、美白成分が多く含まれたクリームの外用など、いくつかの治療法があります。
どうしてもレーザーを使いたくないという場合は、これらの治療法を選ぶとよいでしょう。

シミの種類を確認して対策しよう

ADM以外は、日々の紫外線対策や規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、ストレス解消といった方法で対策できます。
できるだけシミができにくい状態を作り、それでもシミができた場合にはシミの種類を確認してから正しく対処していきましょう。判断がつかない場合は、皮膚科を受診してくださいね。そのシミに合った適切な治療法を提案してもらえるでしょう。