乳酸菌と言えば、お腹の調子を整えてくれるものというイメージが強いのではないでしょうか。他にも、免疫力アップや肌の調子を整えるなど様々な効果が期待できます。
乳酸菌はできるだけ摂りたいところですが、摂り過ぎで太ってしまうのでは?と心配な方もいるでしょう。
ここでは、乳酸菌の摂取で太ることがあるのか、その疑問にお答えします!

乳酸菌とは

腸内には、善玉菌と悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌があります。これらがバランスをとって生息していることで、腸内環境が保たれているのです。悪玉菌が多くなると、便秘や下痢になります。日和見菌は、そのときに多い方の菌の味方をするので、さらに便秘や下痢が強くなってしまうのです。

こういった場合に積極的に摂りたいのが乳酸菌です。乳酸菌は善玉菌(健康に有益なことをもたらす菌)の一種で、悪玉菌の増殖を抑えて便秘や下痢を解消させる働きがあります。
慢性的な便秘は、腸内にガスを発生させて、それを毛穴から排出させるようになり、肌の調子を悪くする原因です。

そのため、乳酸菌を摂って便秘を解消させることは、肌の調子を整えることにも繋がります。

乳酸菌を摂り過ぎると太る?

それでは、乳酸菌を摂り過ぎると太るのか?という疑問にお答えします。
結論から言うと、乳酸菌を摂り過ぎても太ることはありません。ただし、乳酸菌を多く含むヨーグルトや牛乳、チーズなどは高カロリーなので、摂り過ぎることで結果的に太る可能性があります。

また、乳酸菌を摂り過ぎると、腸内バランスが乱れて、かえってお腹がゆるくなってしまうこともあるのです。目安として、ヨーグルトから乳酸菌を摂る場合は1日1個にしておきましょう。

乳酸菌は乳製品以外からも摂れる

乳酸菌は、醤油や味噌などの調味料、キムチや漬物などにも含まれています。これはいずれもカロリーが低いので、多少摂りすぎても太る心配はないでしょう。
ただし、いずれも塩分を多く含むので、摂り過ぎると高血圧やむくみなどの原因になります。

味噌と砂糖を1:1、醤油を少々混ぜて味噌炒めの調味料として使うとよいでしょう。他の調味料と組み合わせることで、結果的に摂り過ぎを防げます。また、キムチは唐辛子が含まれています。
唐辛子のカプサイシンには、身体を温める作用があるので、代謝アップに役立ちますよ。

このように、ヨーグルトを1日1個、醤油や味噌を使用した料理を食べる、キムチや漬物をサイドメニューとして摂るのがおすすめです。

乳酸菌サプリもおすすめ

乳酸菌は、和食中心の生活をしている方はある程度摂れています。しかし、それ以上に悪玉菌が増える肉中心の食生活をしていると、乳酸菌よりも悪玉菌が多くなって便秘や下痢になることがあるのです。どうしても外食で肉中心の生活になってしまうという場合には、乳酸菌サプリを飲むとよいでしょう。

ヨーグルトなど乳製品を摂り過ぎることによって太る心配もありません。ただし、1粒あたりの乳酸菌の量が多いので、指示以上の量を飲むと簡単に乳酸菌の過剰摂取になります。
乳酸菌は「身体よいからたくさん摂ればいいもの」ではなく、腸内環境を「整える」ために必要なものということを覚えておきましょう。

体質に合った乳酸菌を選ぼう

乳酸菌の効果が発揮されるかどうかは、体質によって異なります。乳酸菌には非常に多くの種類があり、1つ1つに特徴があります。クリニックによっては、体質に合った乳酸菌を調べる検査を行い、その場で必要な乳酸菌のサプリを処方することもあります。

そこまで手の込んだことをするのが面倒という方は、様々な種類の乳酸菌が含まれたサプリを選びましょう。

腸内環境を整えるための食生活

腸内環境が悪い、便秘や下痢に悩まされているという理由で乳酸菌について調べているのでしたら、腸内環境を整えるための食生活についても知っておくことをおすすめします。
肉中心の食生活が便秘や下痢を引き起こすとお伝えしましたが、肉をどれだけ食べても、同じぐらい野菜をしっかり摂れば、腸内環境が悪くなることはありません。

できれば、肉の2~3倍の量の野菜を摂ることを心がけましょう。また、ダイエットと称してご飯を食べないのもおすすめできません。
ご飯にも食物繊維が含まれているので、ご飯を丸々抜いてしまうと、野菜をある程度摂っていても便秘や下痢になる可能性があるのです。

また、食生活に注意していても下痢になるという方は、慢性的に身体が冷えていることがあります。身体が冷えると、身体の水分を排出して体温を保とうとするので、下痢になります。

乳酸菌をうまく活用しよう

乳酸菌は、ヨーグルトなど乳製品だけではなく、発酵食品全般に含まれています。様々な食品や調味料からバランスよく乳酸菌を摂りましょう。
外食ばかりで乳酸菌を摂れないという場合には、乳酸菌サプリから摂ることをおすすめします。
ただし摂り過ぎは、かえってお腹がゆるくなることがあるので注意してくださいね。