じりじりと暑い日々が続く夏。

気温は高くても、体が冷たくて様々な不調が出る方も多くいます。

そんな夏の冷え性の原因は何にあるのでしょうか。

冷え性の原因、改善方法などをご紹介します。

夏の冷え性の原因は?

過度な冷房

猛暑が続く現代では、冷房は必須のアイテムです。

しかし過度に冷房を冷やしすぎてします。

屋外と屋内の温度差が激しいと、体が対応できず自律神経のバランスを崩す原因となります。

冷たい食べ物や飲み物

夏においしい冷たい食べ物や飲み物ですが、摂取しすぎると内臓を冷やしてしまいます。

内臓が冷えた状態が長く続くと、お腹を下したり、血流の巡りが悪くなったりします。

また余分な水分が体に残ると、体を冷やすだけでなくむくみの原因となるといわれています。

身体が冷えると自律神が乱れやすい

温度差が激しい場所を行き来したり、内臓が冷えたりすると自律神経が乱れやすくなります。

倦怠感、不眠、食欲不振など様々な症状を引き起こします。

冷え性セルフチェック方法

自分では冷え性と思っていなくても、実は冷え性の方が多くいます。

また手足が冷えていなくてもお腹が冷えていれば冷え性の可能性があります。

  • 手足が冷たいのに顔がほてる
  • 手足がむくみやすい
  • 肌がカサカサする
  • 首や肩、背中が凝っている
  • 便秘や下痢に良くなる
  • 頭痛がある
  • お腹を触ると冷えている

当てはまるものが多いほど、夏の冷え性と考えられます。積極的に予防や対策をとりましょう。

女性の方が冷え性になりやすい?

冷え性は女性に多いとされていますが、これは体温維持に必要な筋肉量が男性より少ないためです。

そのため女性は特に普段から冷えに気を付けたり、適度な筋肉をつける必要があります。

しかし現代では、ストレスや運動不足により筋肉量の少ない男性が増え、冷え性に悩む人が多いといわれています。

男性も体が冷えると思ったら対策を取るようにしましょう。

夏の冷え性改善方法

服装に気を付けよう

冷房の設定温度は下げすぎないようにしましょう。

湿度を低くすれば快適に感じるので、室温だけでなく湿度にも気を付けましょう。

職場であればカーディガンなどの上着やひざ掛けなどで調整します。

また自宅であればショートパンツやキャミソールのみなどの薄着は体が冷えてしまうので気を付けましょう。

夏でもお腹がひんやりする冷え性の方は、薄手の腹巻きなどがおすすめです。

食生活を見直そう!

冷たい食べ物はおいしいですが、摂りすぎると体を冷やす原因になります。

飲み物はできるだけ常温のものか温かいものを飲むようにしましょう。

また食べ物の中には体を温める「陽性食品」があります。主に寒い土地に育つ食べ物が陽性食品に分類され、体を温めてくれるといわれています。
カボチャ、ニンジン、ゴボウ、ショウガ、玄米、赤身の肉、味噌、醤油などが陽性食品に分類されるので、

これらの食品を積極的に摂りましょう。また毎食温かいみそ汁やスープなどの汁物をプラスするのもおすすめです。

夏におすすめショウガ紅茶

ショウガ紅茶は手軽に夏の冷え性を解消できると人気があるのが「ショウガ紅茶」です。

ジンゲロールという成分は、温めることで「ショウガオール」という成分に変化しま

す。このショウガオールが、血流を良くしてくれるとされます。

作り方は簡単で、カップ1杯の紅茶にすりおろしたショウガをひとかけらいれます。

好みでこちらも体を温める黒砂糖をいれましょう。朝や入浴前に飲むのがおすすめです。

夏でも湯船に浸かろう!

ついサッとシャワーですましてしまいがちですが、夏でも湯船にしっかり入り体を温めましょう。

しかし冷え性だからと熱いお湯に入るのは禁物です。

39~40℃のぬるめのお湯に約20分ゆっくり入りましょう。

うっすらと汗ばんできたら、体が温まった合図です。

お風呂上りには冷たい飲み物を飲んでしまいがちですが、これも体を冷やしてしまうので注意しましょう。

お風呂の前にスクワットもおすすめ

下半身の筋肉量が少ないと、余分な水分を体内にため込んでしまいがちになります。

そこで自宅で簡単に行えるのがスクワットです。

足を肩幅ぐらいに開き、両手を頭の後ろにあてます。

椅子に座るような感じで腰を落とし、そのまま数秒間キープします。

そしてゆっくり元の姿勢に戻すのを、5~10回ほど繰り返します。慣れてきたら回数を増やします。

スクワットで汗をかいた後にお風呂に入れば、水分を排出できます。

夏の冷え性におすすめのツボ

  1. ・三陰交

内くるぶしの一番高いところに小指をあて、指を4本揃えます。人差し指が当たっているところが三陰交のツボです。少し強めに押すのがポイントです。

  • 井穴

指先近くにあるツボです。反対側の指で爪の両脇を挟み、少し強めの力で指圧しましょう。指1本につき3秒くらいが目安です。

  • 指間穴

手の指の間にあるツボです。反対側の手の親指と人差し指を使ってはさむようにして指圧します。少し強めに指圧しましょう。最後にパッと離すように刺激します。
1ヵ所につき3秒くらいが目安です。

(当ブログおすすめ)冷えに効果的なドリンク

贅沢ブルーベリー酢

夏にこそ気をつけたい冷え症の改善方法を7つお伝えしてきました。

当ブログでオススメしているのは「贅沢ブルーベリー酢」という商品です。

天然成分100%&無添加のこだわり抜いた「贅沢ブルーベリー酢」

  1. ビルベリー発酵酢
  2. ビルベリー果汁
  3. ハチミツ

贅沢ブルーベリー酢に含まれるポリフェノール・酢酸・クエン酸が「血のめぐり」をよくして、身体の不調を改善するサポートをしてくれます。

しかも初回は「半額の¥1980」で始める事ができ、1日たったの5mL飲むだけでOK!続けやすさもポイントです。

成分だけでなく、コスパも高い贅沢ブルーベリー酢を試してみてくださいね!

 

⇒「公式サイト」はこちら。

 

まとめ

夏でも過度な冷房や冷たい食べ物を摂ることで、冷え性になってしまうことがあります。

体や内臓が冷えてしまうと、不眠や食欲不振をはじめとして不調が出てきます。

自宅でも簡単にできる夏の冷え性対策方法で、体を温め、夏の冷え性を改善してきましょう。