肌トラブルの外部からの三大要因は紫外線、乾燥、ストレスです。夏以外、紫外線は大丈夫と思っていませんか?

紫外線は通年私たちの肌にダメージを与えています。

乾燥は冬場だけと思っていませんか?暑い時期に汗をかいても肌は乾燥することがあります。

心身ともにストレスを感じることも肌を与えてしまいます。

気温が上がって汗をかきやすくなったり、皮脂の分泌量が増えてにきびができたり、肌がかゆくて仕方ない、など悩みを抱えている方は後を絶ちません。

毎年季節が変わると、ぶつぶつができて赤くなったり、絶対に肌荒れを起こしてしまうという方は、その肌トラブルを改善して一年を素敵に過ごしましょう!

肌にぶつぶつができてしまう原因と対策法をご紹介します。

肌トラブルを起こしやすいのは春が多い?

%e8%82%8c%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b

春は過ごしやすい季節で油断してしまいがちですが、お肌にとって実は過酷な季節です。

冬場であれば空気も乾燥しているのは周知の事実で、保湿ケアは万全。

その強固なケアのお陰で肌トラブルを起こす事はあまりありません。しかし、春になって温かくなると肌トラブルに悩む方が増えるのです。

肌トラブル、最大の原因は乾燥

その第一の理由は乾燥。春は冬と違って暖かいですよね。

ですが、実は湿度は冬と同じくらいなんです。気温が上がるとついつい油断しがちですが、冬場に行っていたのと同様、念入りな保湿ケアを行う必要があるのです。

肌トラブル、紫外線に注意

春だけではなく通年、紫外線には注意が必要です。

夏場以外の日差しは柔らかいのでまだ紫外線ケアは必要ないと思っていると痛い目をみます。

確かに夏場以外の紫外線は肌を焼いたり黒くすることは少ないですが、波長の違う別の紫外線、UV-Aが降り注いでいるのです。

夏の強い日差しは肌表面へ影響し、日焼けなど目に見えやすい変化をもたらしますが、春にも多いUV-Aは肌の奥へと入り込み、メラニン色素を生成、シミやそばかす、シワの原因になってしまうのです。

まだ春だからと油断しないで、紫外線ケアはしっかり行いましょうね。

肌トラブル、花粉に注意

花粉症と言えば春先と思う方も多いと思いますが、実は花粉症は春だけではありません。

季節に関係なくアレルギーを持っている方はその花粉が浮遊する季節にアレルギー反応がでます。

鼻がむずむず、目はかゆくて仕方ない、花粉症の症状に毎年悩んでいる方は少なくありません。

花粉でトラブルを起こすのは、花粉症の方だけではありません。

敏感肌の方は、花粉が肌に付着することによって、花粉症とは行かないまでもアレルギー反応を引き起こし、肌にぶつぶつが出たり、赤くなってかゆみが出たりすることがあります。

花粉は目に見えづらく防ぎようがないのかもしれませんが、屋内に入る前に服を払ったり、肌に残った花粉を綺麗に洗い流すように意識することによって、ある程度症状は軽減することができるでしょう。

肌トラブル、ストレスは肌の大敵

ストレスを感じると自律神経が乱れ、内臓機能が低下してしまうことによって、肌荒れを引き起こしたり、活性酸素が分泌し、増えすぎることによって老化の原因や疲れやすくなったりなど体に影響を及ぼします。

また、生活習慣や食生活の乱れもストレスに繋がり、肌トラブルの原因ともなりますので、新生活を向かえる今だからこそ、一度生活習慣や食生活を見直す必要がありそうです。

たまにはハメをはずすことも大事ですが、基本は朝昼晩のバランスの良い食事と早寝早起きですよ。

忙しいとつい削りがちな睡眠ですが、睡眠は肌が回復する重要な時間です。

美肌を目指すなら、色々誘惑はあるでしょうが睡眠時間はしっかり確保しましょう。

また、外食や偏った生活は避けるようにして、続く場合は意識的に野菜を摂るように心がけましょう。

ぶつぶつの原因は代謝機能にある

lgf01a201407291000

今まで起こらなかったのに、急に出てきてしまうぶつぶつ。この原因は体の代謝よるものなのです。

特に冬から春にかけての代謝はぶつぶつの原因になり安やすいのです。

冬場は気温が低く乾燥しているため、人は体の代謝を下げようとします。

代謝を下げることによって、皮膚表面から水分が逃げないように作用し、発散を防ぎます。

春になると気温があたたかくなることもあり、今まで下げていた代謝を上げることによって、皮膚の下に溜まった不純物が体の表面へと押し上げられてきます。

肌荒れを引き起こしやすくなったり、ぶつぶつができやすくなってしまうのです。

普段使っている化粧品にも注意

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

春になりあたたかくなって代謝が上がることから、溜まった不純物が外に発散されて肌荒れを起こしやすいこの季節は、お肌の状態が安定せず「ゆらぎ肌」の状態となっています。

特に敏感になっていると言うのに、花粉など外からの刺激はどんどんやってきて、肌を攻撃します。

春の乾燥も肌に追い討ちをかけ、バリア機能を失った肌はどんどんダメージを受け、ぶつぶつなど肌トラブルを引き起こしやすくなっています。

ただでさえ外からの刺激が強いこの季節は、普段使っている化粧品を見直してみるのも1つの対策になります。

いつもは肌トラブルを起こす事がなくても、不安定なゆらぎ肌の状態では刺激が強すぎると言うこともあります。

化粧品は毎日使うものなので、刺激の少ないものがもちろんおすすめです。

普段トラブルを起こさないのであれば、肌トラブルの多い季節だけ低刺激のものに変えるなど、時期によって使い分けることで、肌トラブル改善に繋がっていくこともあります。

しかし、肌が敏感になっているときなので、化粧品をころころ変えてしまうことも肌にとってはよくありませんので注意してください。