化粧品をつけたら肌にトラブルが起こった!という場合はどのように対処したらよいのでしょうか。

化粧品による肌トラブルは、肌が弱い人やアレルギーを持っている人がなりやすいというイメージがありますが、どんな人でも起こしてしまうことがあります。

その時だけですぐにおさまれば良いのですが、跡が残ってしまうこともあるので原因を見極めて慎重に対処するようにしましょう。

化粧品による肌トラブルにはどんな症状がある?

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

肌トラブルと一口に言っても、いくつかのパターンがあります。
自分の肌トラブルがどんなパターンなのかチェックしておきましょう。

軽度の肌トラブル

・ポツポツとニキビや吹き出物ができる
・つけた時にしみるなど刺激を感じる
・すぐにひくかゆみがあらわれる
などがよくある症状です。

肌のバリア機能が壊れていて「敏感肌」と呼ばれる状態になった時に起こりやすかったり、化粧品の性質が肌に合わない場合に起こります。

この場合は化粧品を変えても繰り返してしまうケースも。

重度の肌トラブル

・湿疹やじんましんが出る
・強い赤みやかゆみが起こってなかなかひかない
・肌に痛みを感じてなかなかひかない
・白斑ができる
この他にも肌にいつもと違う異常を感じた場合は、皮膚科などの病院で相談が必用なこともあります。

「刺激が強いなど化粧品に問題が多い」パターンと
「自分の体質に合わない成分が含まれていた」というパターンがあります。
明らかに異常が見られた場合はメーカーに相談、報告をすることも大切です。

肌トラブルの原因は?

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

化粧品の刺激による肌トラブル

普段使っている化粧品でも、体調や肌状態などによっては肌トラブルがあらわれてしまう場合があります。

・乾燥肌
・敏感肌
・アトピー肌
これらの肌質になると起こりやすいのがこのケースの化粧品かぶれ。肌のバリア機能が壊れてしまっているために、化粧品に含まれる成分が刺激になってしまうんです。

炎症によってかゆみや痛みが起こります。
化粧品を使った直後に刺激が起こることが多く、塗った場所だけが反応します。

「化粧品に含まれている添加物」
・防腐剤
・石油系界面活性剤
・合成香料
・合成紫外線吸収剤
「アルコール」
「品質の低い植物性オイル」
などが刺激になりやすい成分です。

化粧品かぶれ、肌トラブルを起こしたら成分をメモして自分がどんなものに弱いのか知っておくことが予防になります。

化粧品の成分による白斑など

ロドデノールという美白成分が肌に白斑を起こして化粧品が回収されるというケースがありました。

美白に有効と言われているハイドロキノンも濃度が高いと白斑という副作用があることで有名です。

こうした強い成分が肌トラブルの原因になることがあります。

アレルギーが原因の化粧品かぶれ

オーガニックなどの天然成分を使っている化粧品などでも、アレルギーを持っていると肌に強い反応を引き起こす場合があります。

つけてすぐに反応するわけではなく、数時間たってから起きる場合があるので化粧品が原因だと気付かないことも。

塗った場所やその周辺に赤みやかゆみが起こった場合は、優しく成分を洗い流して下さい。症状は重くなることがあります。病院を受診する時は、使っている化粧品を全部持って行ってアレルギー検査を行ってもらいましょう。

アレルギーは免疫反応で、その成分を複数回使用した後に出ることがあります。
今まで使っていて大丈夫だったのに突然アレルギーになって肌トラブルの原因となる場合があるので、慣れている化粧品だから大丈夫ということはありません。

アレルギーによる化粧品トラブルはパッチテストによって防いだり、検査をできることがあります。

自宅でのパッチテストのやり方

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

パッチテストは、肌トラブルが起こっても目立ちにくい「二の腕の内側」などを使って行います。

1.入浴後、10円玉ほどの大きさの化粧品を二の腕の内側に塗る
2.そのままでもかまわないが、パッチテスト用の絆創膏を貼るとより正確に。
(※ただしヘアカラーなどは絆創膏の使用不可の場合があるので説明書に従うこと)
3.そのまま24時間から48時間(2日間)洗い流さずに、赤みや腫れなどの症状が起こらないかチェックする。

二の腕で行って異常がない場合も、顔に使うと反応がでる場合があります。

より念入りに行うためには、二の腕でのパッチテストで異常がないのを確認した後にフェイスラインなどの目立たない部分で再度テストをしてみましょう。

肌トラブルを起こしたら?

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

すぐに洗顔をする

肌に異常を感じたらすぐに洗顔をして化粧品に含まれる成分を洗い流しましょう。

化粧品をつけない

最低限のケアだけをして肌に刺激を与えないようにします。
化粧水、美容液、乳液はつけずに白色ワセリンで保湿をする方法もあります。

洗顔は水かぬるまゆのみで

化粧品かぶれを起こしたら、肌が回復するまでは化粧をするのを我慢し、洗顔料などの刺激も与えないようにしましょう。

水やぬるま湯での洗顔でも十分に汚れは落とせます。
熱いお湯は肌への刺激になるので避けるようにして下さい。

化粧品かぶれを起こしたらすぐに使用を中止すること

化粧品会社によっては、化粧品による肌トラブルを報告した時に「好転反応なので使い続けて下さい」といった指示がでるケースがあります。

メーカーにそのように言われても、トラブルが出た時はすぐに使用を中止して肌の回復につとめましょう。

まとめ

化粧品で肌トラブルを起こした場合は、その原因をしっかりと見極めたいですよね。
・自分の肌の状態や体調のせいなのか
・アレルギーのせいなのか
・化粧品に強い成分や刺激成分が入っていないか
これらに注意して、繰り返さないように予防するようにしましょう。

体質は変わっていきますので、自分の体の状態を普段からよく知っておくことも大切です。