更年期と聞くだけで、「いやだぁ〜」と耳をふさぎたくなってしまう人、たくさんいるかもしれませんね。

でも、一定の年齢に達すれば、誰でも必ず「更年期世代」に突入します。

更年期=肌のトラブルに悩まされる、というイメージがありますよね。

たしかに、ホルモンバランスの崩れから、これまでとは違った肌の悩みを抱えるようになる人が多いようです。

でも、「そういう年齢だから」といってあきらめてはいけません!

更年期世代こそ、人によってお手入れの差がハッキリと表れてくるんです!

ホルモンバランスの崩れたデリケートなお肌に、間違ったお手入れは厳禁です。

今回は、「更年期世代だからこそ気をつけたいポイント」をご紹介していきます。

更年期のお肌

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

更年期に突入すると、お肌にはさまざまなトラブルが表れます。

更年期の肌荒れの一番の原因は、女性ホルモンの減少。女性ホルモンは、肌の状態にも大きく関わりがあるため、これが急激に減ることでお肌に影響が出てしまうのです。

多くみられる症状としては、ひどい乾燥や、かぶれなどが挙げられます。

かゆみが出る場合も多く、かきすぎてしまって悪化することもあるようです。

これらのトラブルは、正しいお手入れをすることで最小限に食い止めることが可能です。

間違ったケアをしている場合もありますので、一つひとつチェックしてみてくださいね。

1.保湿ケア

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

乾燥が気になる更年期のお肌には、とにかく絶対に保湿が大事!

これまで化粧水だけで済ませていた人や、油分の少ないものを選んで使っていた人は、保湿の方法を少し変えてみましょう。

それだけで、トラブル続きだった肌の調子が良くなることがありますよ。

化粧水を逃さない

更年期世代のお肌ケアで特に気をつけたいのは、化粧水をしっかりとお肌に閉じ込めること。

化粧水を使ったあと、蒸発してしまう前に、保湿成分や油分を含む乳液・クリームなどを使うのがおすすめです。

入浴時の保湿

お風呂に入るとき、石鹸やボディソープを使ってゴシゴシと肌をこすって洗っている人は、要注意! 更年期以降は、皮脂を取りすぎることがダイレクトに乾燥につながります。

抵抗がなければ、ボディソープなどは使わず、お湯で優しく洗うくらいの方が良いでしょう。

また、お風呂上がりの保湿も大切です。

お風呂から出てすぐにクリームなどを使わないと、どんどん水分が蒸発していってしまうので、早めに保湿することを心がけてください。

2.紫外線ケア

img_8178

更年期のお肌は、実はとってもシミができやすいんです! ご存じでしたか? シミのできやすさは、女性ホルモンと大きく関わりがあるのです。

妊娠中にシミができやすいという認識は多くの女性が持っているのではないでしょうか。

これと同じで、女性ホルモンのバランスが大きく乱れる更年期も、シミができやすいといわれています。

保湿などに比べると、ついついおろそかになりがちな更年期の紫外線ケア。

夏だけでなく、年中通してUVケアは怠らないようにしましょう。

日焼け止めを使いたくないという場合も、日傘などでも十分ケアができますよ。

3.抗酸化と抗糖化

%e8%82%8c%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b

更年期の肌といえば、やはり気になるのが老化。少しでも食い止めたいですよね!

老化を早めると言われている酸化、糖化をできるだけ遅らせるようにしましょう。

活性酸素を除く

生きている限り、活性酸素による酸化のダメージを完全に取り除くことはできません。

もともと、人間の身体には抗酸化をする働きがあるものの、更年期の到来とともにその力はだんだん弱くなってきてしまいます。

抗酸化パワーを補うためには、野菜やフルーツなどから、「フィトケミカル」を積極的に摂取しましょう。

フィトケミカルには、トマトで知られる「リコピン」や、ブルーベリーなどに多く含まれる「アントシアニン」などがあります。

あまり厳密になる必要はありません。

色鮮やかな野菜やフルーツを、バランスよく食べるように心がけるだけでも大丈夫です!

糖化を防ぐ

酸化と同様に、なるべく避けたいのが「糖化」です。

糖化は糖質の摂りすぎなどにより、異常たんぱく質である「最終糖化産物」を生成してしまう状態のこと。

最終糖化産物は、シワの原因になったり、コラーゲンを劣化させたり、まさに老化の引き金となる厄介者。

これが更年期のホルモンバランス崩れと合わさると、お肌のハリや弾力がどんどんなくなることに…!

糖質制限をしっかりと行いましょう。

ご飯やパン、麺類などが大好き!という人は、まずはそれらを食べ過ぎないように努力することから始めると良いですね。

いきなり全部を排除すると、ストレスで逆に身体によくありません。

まとめ

 

いかがでしたか? 更年期の肌荒れ・不調を乗り切るための切り口を3つご紹介しました。

更年期は、ホルモンバランスが大きく変わるタイミングであるため、身体に多少の変化が出てくることは避けられません。

それでも、肌のお手入れ方法や食事習慣を少し変えてみることで、肌の調子がずいぶんよくなることもあるんですよ。

更年期というとどうしてもネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、「いまの自分」に最も合った方法で、身体をケアしてあげましょう。

そして、ぜひ「笑顔」で過ごしてくださいね。