近年は食品添加物の問題や食の安全への意識が高い方が増え、オーガニックや無添加の食材や食品を選ぶ方が多くなってきました。

それは食べ物だけでなく、コスメ商品にもその流れが来ています。

ダイエット食品として酵素が注目されていますが、酵素も自分で一から作って安全なものを使いたい、という方も増えています。

しかし、酵素なんて自分で作れるものでしょうか?実はできます。そこで今回は、酵素の作り方や注意点などについて説明します。

手作り酵素でダイエットは出来るの?

lgf01a201407280300

手作り酵素でのダイエットは可能です。酵素は植物の発酵によって作られるものなので環境が整えば継続して作ることができます。

ですが、酵素を生産するためだけに作られた施設や機械を持っているメーカーと違い、自宅で一から作るとなると、当然成分や精度は劣ります。

しかし手作りの良いところは、添加物や甘味料など余計なものを入れずに済むという点です。

メーカーは商品を多くの人に摂取してもらうため、どうしても万人受けしやすい味や賞味期限を延ばす為に添加物を入れざるを言えません。

勿論無添加の酵素商品を作っているメーカーもありますが、普通の商品と比べるとかなりお高いのが実情です。そこで、どうしてもオーガニックにこだわりたい・酵素を使って長く安全にダイエットを続けたいという方は、手作りの方が良いでしょう。

手作り酵素ドリンクに向いている食材は?

では、そんな手作り酵素に向いている食材はどのようなものでしょうか。

まずはその季節の旬の野菜、果物がおすすめです。

春に作るのであればイチゴやびわ、ネーブルや柑橘系はおすすめです。野菜であればキャベツやアスパラ、セロリなんかを入れてもいいですね。

夏は桃やメロン、アボカド、梅などもおすすめです。

冷蔵庫に少し余った野菜を入れても味が変わって楽しめます。

秋は梨やスダチなどの柑橘、ぶどうや人参、ショウガ、冬は大根やリンゴ、小松菜、ゆずなどが旬になります。

季節を問わず使う食材は無農薬のものにしましょう。

気になる場合は50度ほどのお湯に30分つけたり重曹洗いをして農薬を落とすようにします。

また、レモンなどは酵素づくりに多く使われますが海外産のものはなるべく使わず、ワックスのついていない食材を選びましょう。

デンプン質の多いジャガイモやレンコン、匂いの強いニンニクやねぎなどは手作り酵素には向いていないようです。

酵素ドリンクの基本の作り方

基本の手作り酵素の作り方は素材:砂糖が1:1~1.1になります。

なので食材1㎏に対して砂糖が1㎏から1,1㎏となります。白砂糖を使うの?と思われる方もいると思いますが発酵の段階でブドウ糖になるのであまり問題はありません。

また、この砂糖の量は目安となるのでこれより少なくても大丈夫です。白砂糖を使うのが気になるという方は、はちみつやキビ砂糖を使いましょう。

ですが白砂糖よりも発酵に時間がかかったり早くからカビが生えたり、ドリンクではなく焼酎のようになることもあるので気を付けて下さいね。使う野菜や果物をざっくりと小さめに切って野菜類、砂糖、野菜類、砂糖と交互に重ねていきます。

ビンがいっぱいになったら密封して常温に置きます。砂糖が溶けて量が減っていくのでそこまでは置きっぱなしでOKです。2日~3日程おいておくとシュワシュワと泡が出てきます。1日1~2回ほど、ビンの蓋をあけてガス抜きをしましょう。

野菜類の水分が抜けたようになってきたら濾して酵素ドリンクの出来上がりです。

水や炭酸水で割って飲みましょう。発酵がなかなか進まないという方は、少し暖かい場所で保管すると発酵が早く進むのでこたつの中に入れたり、布にくるむなど工夫をしてみてくださいね。

食材の他に揃えるものは?

野菜類の他に揃えるものは白砂糖やはちみつ、キビ砂糖です。

また保管するビンは密閉できる大きめのものを選ぶようにし、酵素を作る1日前に熱湯で殺菌し、1日乾かして水気を完全に飛ばしておきましょう。

水気が残っていたり、他の食品の油分が残っていると酵素ドリンクは出来ずカビが生えてしまうので、殺菌はしっかりしておきます。

また、食材を切るまな板や包丁も殺菌消毒をしてから使いましょう。

出来上がった酵素ドリンクは1日1回混ぜるか振るかすると全体が混ざって発酵も進みます。

手作り酵素ドリンクの注意点

078c1f05284a057394976db731de5428_s

手作りだからこそ安心して飲むことができますが注意点も必要です。

完全無添加のためなるべく早めに飲むようにしましょう。

季節や温度、湿度によっても発酵のスピードは違ってくるのでカビが生えてしまっていたり、嗅いでみてツンと鼻にくるようなきつい匂いになっていたらもう飲むことはできません。

また、市販の無添加の酵素ドリンクに比べると材料が少ないため酵素の量や効果も少ないのです。

市販のもののように1食置き換えをしても高い効果が得られない場合があります。

安全にダイエットをするためには

img_3399

手作り酵素は注意点さえ守れば好きな果物や野菜で作ることができ、植物の酵素を簡単に安心して摂取することができ、子どもでも飲むことができます。

ダイエットを成功させるためには酵素ドリンク+毎日の食事の見直しや続けられる運動を生活の中に取り入れることも大切です。

酵素は歳をとると徐々に減っていきます。

いつまでも元気でいるために酵素ドリンクを手作りしてみてはいかがでしょうか。