ダイエッターのみなさん、ダイエットの調子はいかがですか?

食べる量を減らしたり、好きなものが食べられなくなるダイエットはなかなか続かなくて…という声も多いようです。

でも、そんな辛さから解放されるダイエットがあるとしたら? 気になりますよね!

実は、夕食の時間と量を調整するだけという、嬉しいダイエットがあるんです。

身体の組成に基づいた合理的なダイエットなので、痩せられるだけでなく身体にも優しいんですよ。今回は、このダイエットについて詳しく解説していきます。

夕食の時間を調整すれば痩せる!

今回ご紹介するダイエットでは、夕食を取る「時間」がポイントになります。

食事時間のルールさえ守れば、あとは基本的には好きなものが食べられるというダイエット方法なので、誰でも気軽に取り組めそうですね!

肥満の原因?!ビーマルワン

まずは、このダイエット方法のもとになる考え方を学びましょう。

「ビーマルワン」という言葉をご存じですか?

最近メディアでも話題なので、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

ビーマルワン(BMAL1)とは、誰の身体の中にもあるタンパク質の一つです。

身体にとっては、無くてはならない大切な成分でもあるのですが、実は「太る」ということにも深く関係しているんですよ〜!

ビーマルワンの役割(1) 体内時計

ビーマルワンは、体内時計と密接な関係があります。

人間は、朝になると起きて活動し、夜になると眠るという体内時計を持っていますよね。

ビーマルワンは、これが狂わないように調節してくれているんです。

ビーマルワンそのものの量が朝と晩で大きく変化するのですが、朝、太陽が昇る頃に合わせてどんどん減少し、日が沈む頃になると逆に増えてきます。

これで体内時計を調節するだけならば良いのですが、ビーマルワンにはもう一つ、重要な役割があるのです…

ビーマルワンの役割(2) 肥満作用

なんと! ビーマルワンには、脂肪を蓄積させる働きがあるのです。

「肥満遺伝子」という恐ろしい別名も持っており、まさに「太る」ということの直接的な原因ともなっているんですね〜!

このダイエットでは、このビーマルワンの肥満作用を、逆に利用していきます。

ビーマルワンの量が、昼と夜で大きく変化することはご説明しましたね。

夜になると、ビーマルワンの量は、昼間の20倍にもなるのだそう。

カンのいい人はもう分かってきましたね?

そう、ビーマルワンが増加する時間帯に食事をしなければ、太りにくくなるんです!

朝・昼しっかり、夜は軽めに

ビーマルワン量のピークは、22時頃から夜中の2時くらいまでと考えましょう。

そこから朝にかけてどんどん減少し始め、15時くらいが最も少ない時間帯になります。

これに合わせて食事を考えてみましょう。

朝食

朝ごはんはたっぷり食べてOKです!

糖質を摂るならば、朝にしっかり食べておくのが良さそうです。

1日分のエネルギーをしっかり補給するつもりで、なるべくいろいろな食材をバランスよく食べるようにしましょう。

あまり早朝だとビーマルワンが充分に減少していないことも考えられますので、できるなら、7時〜8時を目指して朝食が食べられればベストです。

昼食

ビーマルワンは昼間に少なくなるので、脂が気になるメニューはランチタイムにいただくのが良さそうですね。

量もしっかり食べてOKですので、揚げ物などガッツリいきたいときも大丈夫。我慢する必要はないので、食べちゃいましょう!

おやつ

15時頃はビーマルワンが最も少なくなるので、安心しておやつを食べることができます。

おやつが食べられるというのも、このダイエットの嬉しいところですよね。

夕食が少なめになりますが、途中でおやつが入ることで、かなりストレスが軽減できます。

夕食

ここがポイントです。ビーマルワン量のピークタイムは22時スタートですから、この時間に夕食を食べるのはNG!です。

夜は20時までに食事を終えるように心がければ、ピークタイムには食べたものもだいたい消化されているはずです。

20時の時点で、すでに1日の中ではビーマルワン量が多い時間帯に突入していますから、ここを過ぎたら何も食べないようにしましょう。

食後にお菓子などを食べる習慣がついてしまっている人は、我慢のしどころです。

単純に、癖になっている場合もありますから、食べないことを習慣づけるように努力してみてください。おやつは昼間に食べましょうね!

まとめ

いかがでしたか?

「夜食べると太る」「寝る前に食べると太る」というのは、昔からよく言われていることですが、これは単なる言い伝えのようなものではなく、実はビーマルワンの量に関連する、非常に合理的な健康法だったとも考えられます。

昔の人は、自然のうちにそういうことを理解していたのかもしれませんね。

全体的な食事の量は減らす必要がないので、ストレスを最小限にとどめて行うことのできるダイエットです。朝と昼にがっつり・夜は控えめに。

そして、必ず20時までに食べ終えること。これを守るだけなら、比較的簡単に行えますよね。

痩せたいけど、しっかり食べたい!

揚げ物もおやつも食べたい!

というあなたは、ぜひ今日から、このダイエットを始めてみてください。