「弱酸性=お肌に良い」って、なんとなく思っている人も多いですよね。

でも、弱酸性がどうしてお肌に良いのか、また、本当にお肌に良いのか、きちんとわかっている人は、きっと少ないのでは?

今、なにげなく弱酸性の洗顔料やボディソープやシャンプーなどを使っているなら、「弱酸性」がお肌にどんな働きをするものなのか、知っておいて損はありません!
今回の記事で詳しく解説していくので、ぜひ読んでくださいね。

お肌や髪の毛は弱酸性

わたしたちの肌や髪は、弱酸性です。
だからこそ、「アルカリ性の石鹸は肌に良くない」「弱酸性の洗顔料やボディソープやシャンプーを使う方が良い」という考え方が生まれたのかもしれません。

その考え方からすると、たしかにお肌と同じ弱酸性のもので洗えば、お肌に負担が少ないというのは理解できますし実際に「お肌に良い」ともいえるでしょう。

身体の汚れは弱酸性では落ちない

「弱酸性はお肌に良い」ということはなんとなくわかりましたね。でも実は、弱酸性では身体の汚れを落とせません。

汗や皮脂、垢などは「酸性」です。
クエン酸や重曹などを使ったナチュラルクリーニングで家の掃除をしている人ならよくわかるかもしれませんが、酸性である油汚れを落とすときには、重曹などアルカリ性のものを使いますよね。
逆にアルカリ性であるトイレの汚れなどを落とすときには、クエン酸など酸性のものを使います。

身体の汚れを落とすためには、アルカリ性のものを使わなければ落ちないのです。
だからこそ、昔からある通常の石鹸はアルカリ性なのです。
アルカリ性の石鹸で酸性の汚れを中和させるからこそ、さっぱりと落とすことができるのですね。

「でも弱酸性の洗顔料やシャンプーで、きちんと汚れが落ちるよ?」と不思議に思う人もたくさんいますよね。

どうして「弱酸性」を謳っているものでも汚れが落ちるのでしょうか?

弱酸性ソープ類には「別のもの」が入っている!

弱酸性のソープ類には洗浄力を高めるために、洗浄成分以外のものが入っているのです。
そもそも通常の石鹸(アルカリ性)には、脂肪酸ナトリウムなど「洗浄成分」とよばれるものが含まれており、だからこそ汚れが落ちるですね。

ところが、これらの洗浄成分は”酸性” の状態だと力が発揮できないのです。泡も立ちません。
それでも弱酸性の洗顔料、ボディソープやシャンプーは、きちんと泡も立つし汚れも落ちます。

それは、酸性でも洗浄力が出せるよう、「合成界面活性剤」や「発泡剤」などの添加物が入っているからなのです。

合成界面活性剤は、お肌に良くない!

合成界面活性剤は正直、肌に良いものとはいえません。
合成界面活性剤を使って洗うと、肌にとって必要な分の皮脂までも取り除いてしまったり、角質層を弱くしてしまったりすることがあります。
また、肌や髪に残りやすく肌トラブルの原因になることも多くあります。

こういったことを考えると「弱酸性がお肌に良い」というのは本当であっても、弱酸性を謳った洗顔料などがお肌に良い、とは一概にいえないということがわかります。

肌を元気にさせるのはアルカリ性?

アルカリ性の石鹸で洗ったとしても、肌や髪は弱酸性の状態に戻る自然回復作用を持っています。
この自然回復作用こそが、肌や髪を健康に保っている…という考え方があります。

アルカリ性の石鹸を使ったとき毛穴は開き角質が柔らかい状態になり、汚れが落ちやすくなります。その石鹸を洗い流したあとお肌が弱酸性に戻っていき、毛穴がしまっていくのです。
この繰り返しで肌がバランスを取り健康な状態を保っているというのは、なんとなくうなずけませんか?

石鹸まで弱酸性にしてしまうと毛穴が開かず、肌サイクルが崩れてしまうともいわれています。

そもそも、5000年も前から繰り返し使われてきている石鹸はアルカリ性ですし、「お肌に良い」とされる温泉の多くも微アルカリ性を示していることが多いようです。
もしもアルカリ性がお肌に悪いものであったら、とっくの昔に使われなくなっていますよね。

酸性とアルカリ性のバランスが大切!

今はクレンジングに洗顔から基礎化粧まで、何でもかんでも弱酸性という流れができつつありますが、お肌に一番大切なのは、酸性・アルカリ性のバランスです。

弱酸性のソープ類には合成界面活性剤などの添加物が多く含まれていることを考えると、「洗う」というシーンでは、従来の「弱アルカリ性」のものを使う方がベターかもしれませんね。

そして弱酸性は、洗顔後のお手入れなどに取り入れていくと良いのではないでしょうか。どちらかに偏りすぎないことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
弱酸性の洗顔料やボディソープ、シャンプー…とソープ類をすべて弱酸性でそろえていた人は、ちょぴりドキッとしたかもしれません。

一度、従来の石鹸を使ってみるなどして、お肌の調子をチェックしてみてください。もしかしたら、意外にもアルカリ石鹸の方が調子良いということも、あるかもしれません。

大切なのは酸性・アルカリ性に偏りすぎず、バランスよく使うことです。両方の良いところをうまく利用して、良いコンディションのお肌をキープしてくださいね。