どんなダイエットに挑戦しても、全く痩せない!とお悩みの方は、もしかしたら自分に合わないダイエット方法ばかりをやっている可能性があります。

「遺伝子ダイエット」という言葉を聞いたことがありますか?
自分がどういう遺伝子を持っているのかを調べ、その遺伝子に合ったタイプのダイエットを行うという方法です。

なんだか、聞いただけで痩せられそうな気がしてきませんか?
記事の中で詳しくお伝えしていきます!

遺伝子ダイエットとは

人間が太ることには、遺伝子が深く関わっているといわれています。

一人ひとりの身体の設計図でもある遺伝子は、その人の外見や体質など、あらゆることを決定づけています。
その中には「太りやすさ」に関する「肥満遺伝子」もあり、現在までで50種類以上もの肥満遺伝子が発見されているのだそうです。

この肥満遺伝子を検査によって調査し、自分の肥満遺伝子がどういう特徴のものであるのかを知ることで、自分の身体に合ったダイエット方法がわかります。

自分の遺伝子タイプの調べ方

自分の遺伝子タイプは、チェック表と照らし合わせれば大まかに知ることができますが、正確な結果を知りたい場合は、肥満遺伝子の検査を取り扱っている病院で検査を受けましょう。
また、簡易キットを使い、自分の頬の内側の粘膜を送ることで結果を教えてもらえるようなシステムもたくさんあります。
いずれも、数千円で調べることができるようなので、正確な結果を知りたい人は、調べてみてくださいね。

肥満遺伝子のタイプには数種類ありますが、今回は日本人に多いと言われている3種類に絞ってダイエット方法を説明していきましょう。

この記事では、各タイプの名称を、通称として知られている「リンゴ型」「洋ナシ型」「バナナ型」として説明していきます。

リンゴ型肥満遺伝子を持つ人の場合

日本人に最も多いといわれているのが、「リンゴ型」です。お腹周りが太りやすいタイプなので、リンゴのような体型になりがちということから、こう呼ばれています。

リンゴ型の特徴として、糖分の分解が苦手で、糖質によって太りやすいという傾向があります。

リンゴ型が食べると太りやすいもの

糖分の分解が苦手という性質があるので、ご飯・パン・麺類などの主食系は食べ過ぎると真っ先にお腹周りから太っていきます。

そのため、糖分を分解するのに必要となるビタミンB1を意識的に摂取すると良さそうです。豚肉や大豆製品がおすすめです。

リンゴ型のダイエット

糖質で太りやすいからといって、あまりに極端な糖質制限をするのはNGです。リンゴ型の人が糖質を制限しすぎると、身体が糖質を欲しがってリバウンドしやすくなったり、最初よりも太ってしまったりするのです。

糖質は少なめにし、さらに、糖質の吸収を抑えることのできるものをたくさん摂りましょう。きのこや青魚、緑茶などがおすすめです。

また、運動では有酸素運動をしながらダイエットすることが良いでしょう。水泳やジョギングがおすすめです。

洋ナシ型肥満遺伝子を持つ人の場合

女性に多いといわれているのが、「洋ナシ型」です。下半身が太りやすいタイプなので、洋ナシのような体型になりがちということから、こう呼ばれています。

洋ナシ型の特徴としては、脂質の分解が苦手というポイントが挙げられます。

洋ナシ型が食べると太りやすいもの

脂肪の分解が苦手なので、油っぽい食べ物は全体的にNGです。脂身の多いお肉、乳製品などはなるべく少なめにしましょう。

おすすめは魚です。脂肪が燃えやすい身体づくりに適しているので、積極的に摂るようにすると良いですね。

洋ナシ型のダイエット

洋ナシ型の場合は、とにかく脂肪を減らすことがポイントです。
お肉ばかり好んで食べていたのであれば、それらを魚に置き換えてみましょう。
脂肪細胞を減らしてくれるのが、魚の中でも「青魚」に含まれるDHAなので、意識して多く食べるようにすると良いですね。

また、運動では筋力トレーニングが向いています。特に下半身が太りやすいので、スクワットなどで筋肉を鍛えるのがおすすめです。

バナナ型肥満遺伝子を持つ人の場合

「バナナ型」は、もともと筋肉も脂肪も少ない「痩せ型」の人が多いようです。それで「バナナ」という名前がついているのですが、実は「一度太ってしまうと一番痩せにくいタイプ」がこのバナナ型なのです。
中年期になって代謝が低下してくると急に太り始める傾向があります。

バナナ型が食べると太りやすいもの

バナナ型の場合、リンゴ型・洋ナシ型のように「◯◯が分解しにくい」というような特徴がありません。
そのため、「◯◯を食べると太るから避けるべき」というよりは、いろいろなものをバランスよく食べていくことが重要です。

強いていうなら、筋肉量が少ない傾向にあるので、肉や魚などタンパク質を多く含むものをしっかりと摂りましょう。

バナナ型のダイエット

筋肉量を増やせば、基礎代謝量がアップします。もともと代謝は良いタイプなのですが、あるポイントから急激に代謝が落ちるケースが多いので、元から筋肉をしっかりと鍛えておくようにしましょう。
腹筋や背筋を鍛えるのもおすすめです。なるべく大きい筋肉を鍛えていくことが大切です。

まとめ

いかがでしたか? そもそも遺伝子ダイエットというものを初めて聞いたという人にとっては、目からウロコのダイエット方法だったのではないでしょうか。

これまで何をやっても痩せられなかったという人は、一度試してみる価値はあります。ぜひ自分の遺伝子タイプを知って、自分に合ったダイエットに挑戦してみてください。