夏になると海やプールなどでたくさん遊びたいですよね!ですが、そんな時に伴うのが日焼けです。特に、女性の方は焼けるのが嫌だ!という方も多いのではないのでしょうか?
それでも日焼けをしてしまった場合は、72時間以内のケアがとても重要だといわれています。

もし日焼けをしてしまっても、正しくケアをすれば日焼けも最小限で抑えられますので、今回は日焼け後のケアの方法をご紹介していきたいと思います。

日焼け後のケアって?

皆さん一度は日焼けの経験はあると思います。ちょっと日に焼けだくらいと、あなどってはいけません!日焼けはお肌にとって火傷同然の事なのです。
日焼けを放っておくと2日〜3日後にはメラニン色素が大量に増加してしまい、結果的に肌が黒くなってしまいます。

メラニン色素を活性化させる細胞が、日焼けによる炎症によって刺激されてしまい起こってしまうのです。そうならない為にも、日焼け後のケアが必要なのです。

ケアの方法!

日焼け後のお肌はとてもデリケートになっていますので、日焼けをしてしまったら必ず行って欲しいケア方法をご紹介します。

日焼け止めは絶対!

日焼けをしそうだなと思う外出時以外にも紫外線は必ず出ているので、日焼け止めを塗ることをオススメします。

そして日焼け止めは汗などで落ちてしまったり、時間による効果の物もありますので、必ず塗り直すということが大切です。

冷たい水、濡れタオルで冷やす!

これは、一番に重要なことです。火傷同然の皮膚を冷やして、ほてりや赤みを鎮める為にはまず冷やすということがとても大切です。

しっかり保湿する!

日焼け後のお肌は水分が不足している状態です。まずは、しっかりお肌を冷やして赤みやほてりを鎮めたら、次はしっかり水分を補うことが大切です。化粧水やクリームなどで、お肌にしっかりと水分を与えて下さい。

日焼けをしてしまうかもしれないと思う外出時の際には、前もって化粧水を冷蔵庫保管し、冷やした状態で肌につけるのが肌を冷やしつつ、保湿が出来るのでオススメです。

そして、日焼け後の肌はとてもデリケートですので、化粧水がしみてヒリヒリしてしまう場合があります。

そんな場合は無理をして化粧水を塗らずに、軟膏や低刺激のクリームなどを使用して下さい。肌がデリケートになっているところへ、更に刺激をあたえてしまうのは絶対にNGです。

水分補給をしっかりと

日焼けをしてしまったということは、長い間日光に当たっていたということになりますから、肌だけではなく、体も水分が不足しています。

更に長時間、外にいて日光に当たっていた場合は脱水症状を引き起こしている可能性も十分にあります。

こまめに水分を摂ることは大切ですが、帰ってきてからもきちんと水分補給をしていきましょう。ケアは外側だけだと思っていませんか?内側からもケアをすることで、より効果的なのです。

栄養補給を充分に!

日焼けやお肌の再生に効果的な食べ物を食べることで、よりお肌の回復が早くなります。
まずビタミンCを積極的に摂ることが大切です。そして、ビタミンCと一緒にビタミンEを摂ることで、日焼け後のお肌の回復が早くなるといわれています。

次に重要なのが、タンパク質をしっかりと摂ることです。タンパク質はお肌を作る構成要素の一つですので、タンパク質をしっかりと摂ってお肌の再生を促してあげましょう。

最後に意外だと思いますが、βカロチンも効果的だといわれています。日焼けは、紫外線による活性酸素が発生し細胞を傷つけてしまうために起きてしまいますが、βカロチンにはこの活性酸素を抑えてくれる働きがあるのです。

βカロチンだけ聞くと、何に含まれているの?と思いがちですが、主に人参やかぼちゃなどの黄色野菜に含まれていますし、野菜ジュースなんかもβカロチンが売りの商品がたくさん販売されているので、そちらでの摂取も手軽でオススメです。

日焼け時にやってはいけないこと!

日焼け時に絶対にやってはいけないことをご紹介していきます。お肌を傷つけてしまいますので絶対にNGです。

こすったり、叩いたりする

日焼け後にお肌を冷やす際や化粧水などで保湿をする際には、必ず優しく触りましょう。肌がデリケートになっていて、かなりのダメージを受けている時に更に刺激を与えてしまうのは絶対にNGです。

そして、普段ならばコットンでの保湿でも良いのですが、とてもデリケートな肌にはコットンでさえも刺激になってしまう恐れがあります。

ですので、必ず手で優しく行って下さい。更に日焼け後に皮膚が剥がれ落ちてきた際、これは無理やり剥いてはいけません。必ず放っておきましょう。

日焼け後に更に日焼けをしてしまう

日焼け後、すぐにまたさらなる日焼けをしてしまうのは絶対にやってはいけないことです。そうでなくても相当なダメージを受け、デリケートになっているのに更に日焼けをしてしまうことで、更に刺激を与えてしまうことになりますので絶対にやめて下さい。

そして、日焼け止めを塗れば大丈夫と思っている方は大間違いです。日焼け後は必ず日光が当たらないようにすることが大切なのです。なるべくならば、アームウォーマーや帽子などで日光が直接当たることを防ぎましょう。

まとめ

日焼け後のケアをきちんとすることで、今後のシミ、しわ、肌色などに大きく関わりますのできちんと行いましょう。

過度の日焼けによって水ぶくれや激しい痛み、体調不良を引き起こしてしまった場合は必ず皮膚科へ受診して下さい。