爽やかで、すごしやすい秋。体調も良く、「お肌の調子もバッチリ!!」と言いたいところですがそうはいきません。意外と多くの人が、「秋の肌トラブル」に悩んでいる事実を、あなたはご存知でしょうか?

秋肌のトラブルとその原因

%e8%82%8c%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b

秋のお肌トラブルの要因として大きなものは、紫外線によるダメージと空気の乾燥です。その結果、うるおい不足でカサつく、炎症を起こしてしまう、乾燥してかゆみが出る、といったトラブルが起こってしまいます。

もちろん、紫外線や乾燥はシミやシワを増やし、肌のキメも荒くしてしまいます。まずは、そんな秋肌トラブルの原因を知り、対策を考えていきましょう。

夏の疲れが残っている

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

夏は、エアコンによる冷えや乾燥、強い紫外線と過剰な皮脂の分泌など、肌と肌細胞にとって過酷な季節です。秋の肌は、こんな夏のダメージを引きずった状態で、肌を修復する肌細胞も疲れきっています。

肌細胞が生まれてからアカとなってはがれ落ちていくターンオーバーの期間は、28日~56日程度と考えられています。つまり、夏にダメージを受けた肌細胞が、ちょうど表面に浮かび上がってくるのが秋なのです。

肌細胞は、セラミドやMMFといった保湿成分を生成し肌のうるおいを守ってくれますが、ダメージを受けた細胞は十分に保湿成分を作り出すことができません。季節の変わり目で、肌が敏感になっていることもあり、潤いのないカサついた肌になってしまいがちです。

【ワンポイント】肌のターンオーバーとは?

私たちの肌の下では、表皮細胞が日々生まれては成長し、徐々に肌の表面に押し上げられています。この肌が生まれ変わっていく新陳代謝が、肌のターンオーバーです。ターンオーバーの期間が長すぎると、古い角質が肌に多く残ってゴワゴワした硬い肌になってしまいます。

反対に短すぎると、成熟した肌細胞を作り上げる時間が足りず、未成熟な肌細胞が作られてしまいます。未成熟な肌細胞は、保湿成分を作る力が弱いため潤いのない肌になり、お肌を守るバリア機能も弱くダメージを受けやすくなってしまいます。

秋でも紫外線には要注意!

img_4804

秋になると日差しも弱まり、紫外線対策もつい油断しがちになってしまいます。しかし、秋の紫外線量は、真夏の40~70%程度と決して低くはありません。そのうえ、ピクニックなどで外出の機会も増えるため、紫外線を浴びる総量は秋の方が多くなりがちです。

ですから、秋の紫外線対策は必須といえます。ただし、乾燥した肌にいきなり日焼け止めを塗ると、肌に負担をかけ状態を悪化させることもあります。必ず適切な保湿をしたうえで紫外線対策を行うことが大切です。

乾燥した空気が潤いを奪う

秋特有の乾燥した爽やかな空気ですが、お肌の潤いを奪っていきます。それに加えて、気温が下がり血行は悪くなり、皮脂や汗の分泌量も減っていき、ますますお肌は乾燥気味となります。

体の外から潤いを与える方法

このように、秋肌トラブルの大きな原因は、潤い不足による肌の乾燥です。ですから、肌に潤いを与えれば、カサカサ・炎症・かゆみといった症状は収まっていきます。では、どのような方法で潤いを与えるのが効果的なのでしょうか。

肌の手入れ・ステップ1.肌の角質ケア

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s

肌の表面の角質は、外部の刺激から肌を守る大切な役割をしています。しかし、はがれ落ちるべき古い角質が残っているとゴワゴワした肌になるだけでなく、化粧水や美容液が浸透しにくい肌になってしまいます。

まずは、古い角質や肌についた汚れをしっかり落とすことが大切です。ただし、ゴシゴシこすったり、洗浄力の強すぎるクレンジングや石けんを使ったりすると、角質を取りすぎたり、傷つけたりして肌本来のバリア機能を害してしまうので逆効果になります。顔はもちろん、体を洗う時も優しく、ていねいに洗ってください。特に乾燥している部分は手やタオルを直接当てるのではなく、石鹸の泡で皮膚を包むように洗ってください。

肌の手入れ・ステップ2.潤いを与える

img_8178

角質を取り除いた後の肌は、とてもデリケートな状態なので、急いでケアしてあげる必要があります。お風呂上がりの体は、水分が少し残った状態でボディクリームを塗ると、お肌に水分を閉じ込めることができます。肘、膝、かかとなど、乾燥が気になる部分は特に念入りにクリームを塗ってください。

顔は、たっぷりの化粧水で肌を整えた後に、美容液をつけ、乳液かクリームで栄養分を閉じ込めます。美容液は、肌に栄養を与えハリをもたらしてくれる化粧品です。シミ、シワ、ハリ、など、あなたの悩みに効果のある美容液を選んで使ってみてください。

乾燥から肌を守るひと工夫

乾燥から肌を守るためには、室内では加湿器を使ったり、蒸気を顔に当てるスチーム美顔器を使ったりしてみるのもいいですね。

また、血行をよくすることも、肌の保湿につながります。例えばストレッチやマッサージを積極的に行うのも、乾燥から肌を守るのに効果的です。

~3分で聞くお勧め美肌ストレッチ~

体の中から潤いを与える方法

肌に潤いを与えるには、体の外からだけでなく、体の中から潤いを保つことも大切です。

食べ物で潤いを保つ

肌の潤いを保つためには、保湿力を高めるセラミド、新陳代謝を促進するビタミンA・B、乾燥を防ぐ良質な脂質などの栄養を摂る必要があります。もちろん、これらの栄養だけではなく、バランス良く栄養を摂ることが美肌に繋がるのをお忘れなく。

美肌のために食べたい食品

セラミドが多く含まれる食品としては、こんにゃく、黒豆、小豆、ゴボウ、ワカメ、ヒジキ、ソバ、コーヒーなどがあります。

ビタミンAが多く含まれる食品としては、鶏レバー、うなぎ、ホタルイカ、卵、にんじん、シソ、ほうれん草、かぼちゃ、などがあります。

ビタミンBが多く含まれる食品としては、豚肉、豚レバー、牛レバー、海苔、マグロ、かつお、にんにくなどがあります。

また、カサカサ肌には、大根・レンコン・はちみつ、炎症や赤みのある肌には、もやし・小豆・ゴボウ・ドクダミ茶、かゆみ肌には桑の葉茶、シソ、じゃがいもなどが効果的とされていますので、参考にしてください。

美肌のためには避けたい食品

img_9405

砂糖やマーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸を摂りすぎると、血液が酸化し血行不良の原因にもなります。

コーヒーにはセラミドが多く含まれていますが、カフェインを摂取しすぎると、抗酸化作用をもつビタミンCを破壊してしまいます。すると、肌の新陳代謝が悪くなるので注意が必要です。

血行を良くしたいこの時期は、体を温める作用のある食べ物を食べるのが大切です。ですから冷たい食べ物・飲み物を摂り過ぎないよう気をつけてください。

秋の肌を健康に保つためには

どの季節でも美肌を守るためには、ストレスを溜め込まず、十分な睡眠をとり、正しい食生活をするのが基本です。そのうえで、今回の記事も参考にして、秋のスペシャルケアに努めてみてください。きっとあなたの素肌も、秋空のように美しくすみわたってくることでしょう。