今年の夏も暑いですね。ビーチ、海水浴やバーべキュー、プールなど、紫外線を浴びる色々なイベントに参加された方も多くいらっしゃると思います。そんなときの日焼け対策は必須です。しかし、どんなに日焼け止めを塗っても100%ブロックすることは難しく、気づくとシミができていた…なんてことも。

できてしまったシミを消すのはなかなか大変ですが、でき始め段階でしっかりとケアをすれば、濃くなるのを防いだり、消したりすることが可能です。

ただし、早めに対策をすることが何よりも重要なので、でき始めの段階でしっかりとケアをするようにしましょう!

シミは、メラニンの沈着によって起こる

シミの対策を考えるにあたって、まずはシミのできるメカニズムを理解しておきましょう。

肌に必要なメラニン

シミといえばメラニンですが、メラニンがどんな役割をしているのかご存じですか?
シミの原因になるというイメージから、「メラニンなんてなくなってしまえばいいのに!」と考える人も多いかもしれませんね。

でも実は、メラニンは肌にとってけっこう重要な働きをしている成分なのです!
肌は、紫外線によって、さまざまなダメージを受けますよね。肌荒れだけでなく、ときには皮膚癌などの病気を引き起こすこともあります。
ここで、そのダメージを防ぐために出てくるのがメラニンなのです。真皮の方まで紫外線が届かないようにブロックしてくれるので、肌には欠かせないアイテムの一つといえるでしょう。

メラニンがシミになるのはなぜ?

肌のダメージを防ぐために生成されるメラニンですが、肌からうまく排出されないと、肌に残ってシミになってしまいます。

通常、メラニンはお肌のターンオーバーとともにどんどん排出されていきます。加齢や肌への刺激、ストレスなどが重なったり、ホルモンバランスが乱れたりすると、メラニンの排出がうまくいかなくなり、肌に残ります。

また、紫外線を過剰に浴びてしまった場合など、肌の細胞に異常が起こり、メラニンが過剰に生成されてしまうということもあるようです。

シミは真皮に到達する前にケア!

シミが気になりはじめるのは人にもよりますが、20代後半くらいからでしょうか。
実は、シミ自体は、低年齢の頃からでき続けてはいるのですが、10代、20代のうちは肌のターンオーバーが盛んですので、知らないうちになくなってしまうのです。

シミが気になるようになってきたら、それはお肌全体の機能が少しずつ低下してきている証拠。
「あれ?シミができたかな?」というくらいのうっすらしたものができたら、すぐにケアを始めましょう。
できたばかりのシミほど、ケアの効果がしっかりとあらわれます。

また、お肌の一番深いところにある「真皮」にメラニンが到達する前にケアするということも重要です。
真皮はそもそもターンオーバーをしないので、メラニンが沈着してしまうと排出が難しくなってしまいます。

「できたかな?」というくらいの段階で、シミを見つけるようにしましょう。

でき始めのシミにはリニューアルした「キミエホワイトプラス」がおすすめ!

シミを消すには、美容整形外科やエステなどのレーザー治療、塗り薬、飲み薬とさまざまな方法がありますが、手軽でリーズナブルに始められる「キミエホワイトプラス」がおすすめです。
こちらは、数年前リニューアルしてパワーアップした商品。顔や体のシミ・そばかすに効くという第3類医薬品の「キミエホワイトプラス」。
飲んでシミに効くといわれるサプリも数多くありますが、これは「第3類医薬品」として医薬品として承認され効果も認められているものなのです。

「第3類医薬品」とは

第3医薬品とは、効果が「期待できる」ようなサプリとは違い、効能が国から認められていますが、病院で処方されるような薬より副作用リスクの比較的低いものが分類されています。メジャーなものですと、太田胃散やサロンパスAeなどが同じく第3医薬品とされています。

何がすごいの?「キミエホワイトプラス」

シミ・そばかすに効くとただお薦めされても、実際にどうすごいのか分かりませんよね。「キミエホワイトプラス」の大きな特徴は、以下の2点です。

・黒色メラニンの生成を防ぐL-システインが承認基準いっぱいの240mg配合!
・皮膚の新陳代謝を助けてくれるパントテン酸カルシウムを配合!

2つの特徴にある「L-システイン」と「パントテン酸カルシウム」とは?

L-システインとは、髪の毛や爪、皮膚などの細胞を作るアミノ酸で、体内に存在するアミノ酸です。肌の細胞が紫外線に当たると、肌を守るためにメラノサイト(色素細胞)が活性化してメラニン色素を出し紫外線を防ごうとします。
そのメラニンが作られる時にチロシナーゼという酵素が必要となります。L-システインは、このチロシナーゼの生成をブロックし、ターンオーバーを活発させる働きがあります。
もう一つの特徴、パントテン酸カルシウムですがこちらはビタミンB群の一つとカルシウムを結合させて作られている有効成分で、皮膚や粘膜の機能を正常に保ってくれる成分です。
これにより、シミ・そばかすの「緩和」からシミ・そばかすに「効く」医薬品にリニューアルされました!
さらにシミ・そばかすだけでなく、にきびや二日酔い、倦怠感にもおすすめです。

そしてこの「キミエホワイトプラス」、通常は4,200円(税抜)(31日分/93錠)ですが、
今なら初回購入限定価格1,900円(税抜)で購入できます!
お試しとしても気軽に購入できる価格ですね。

キミエホワイト

でき始めのうちに、医療機関で診てもらうのも◎

シミには種類があり、「キミエホワイトプラス」が効きにくいタイプのものもあるようです。こればかりは、素人では判断ができませんので、まだ薄いうちに医療機関でチェックしてもらうのがよいでしょう。

レーザー治療をした方が良い、というような判断もしてもらえます。自分のシミに合った方法で治療をするのが、いちばん安心ですよね。

医療機関で診てもらう場合も、シミが薄いでき始めの段階で行くのがベターです。塗り薬や服薬で治す場合も、レーザー治療をする場合も、いずれもシミが薄い方が確実な効果を感じることができるといわれています。

「あれ?」と思ったら、すぐに対策をしましょう。シミを薄くするのには、1日でも早い方が良いのです。

まとめ

シミ対策についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
この夏に紫外線をたくさん浴びてしまった人は、ぜひ「でき始め」を狙ってしっかりとケアしてみてください。

早ければ早いほど、効果もしっかりとあらわれてきます。自分のシミに合った方法で、丁寧にお手入れをしてくださいね。
シミのない肌は、ぐんと若く見えますよ。美しい肌を目指して、頑張りましょう!