あたたかい日差しがうれしい4月は、気分も前向きになりますね。寒い冬に耐えてきた肌も、きっと喜んでいるはず?いいえ、実は悲鳴をあげているかもしれません。

明るい春のイメージとは裏腹に、4月は乾燥やかゆみ、ニキビなど、手ごわい肌トラブルが起きやすい時期です。健康な素肌には、季節に応じたスキンケアが基本!さっそく、正しい春肌ケアを心がけましょう。

あれ?なんだか肌がかゆい

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

ぽかぽかした春の陽気に誘われて、薄着で外出する日。気がつくと顔やまぶたをこすったり、あごの下や首元をひっかいていませんか?よく見ると、小さなしっしんや赤みが…

木の芽が一斉に芽吹く春の大気中には、たくさんの花粉が舞っています。中国大陸の砂漠からは、偏西風に乗って黄砂が運ばれてきます。

どちらも、よほど大量に降り積もらないと目に見えませんが、一年を通し、4月は花粉と黄砂が多い月です。

春の大気にはアレルギーの原因がいっぱい

花粉症や黄砂アレルギーが、春の肌トラブルの引き金になっているケースは多いのですが、くしゃみが鼻水などの症状が出ないと、なかなか気がつきません。

帰宅したら、肌に付着した異物を、ローションなどでふき取るのを忘れないでください。あくまで付着した汚れを取るだけなので、ゴシゴシする必要はありません。

また、屋外で着用した衣類は、なるべくすぐに洗濯機へ。アウター類は、せめて玄関前でパタパタ払ってからクローゼットへしまいましょう。

頬がカサカサ、肌がゴワゴワ

気温が上がり、ときには汗ばむことすらある4月ですが、頬がカサカサしたり、顔全体がゴワゴワした手触りになってしまいがちです。

そこで、秋冬に大活躍したリッチな保湿クリームやオイルでガードしてみると、今度はベタベタして、ファンデーションが崩れてしまいます。

4月の寒暖差は激しいため、気温が上がれば、皮脂が分泌されます。秋冬のうるおいにフタをするスキンケアは、もうベストとはいえません。4月の肌には、春肌ケアが必要なのです。

4月の春肌ケア

img_0277

肌に最もよいといわれる湿度は60パーセント以上ですが、4月の湿度は50パーセント後半、まだまだ乾燥しているのです。

日なたはさわやかであたたかいですが、一歩日かげに入ると、急に肌寒くなりますね。コートを脱いで薄着になると、春の肌は寒暖差と乾燥にさらされます。

これに打ち勝つには、念入りなローションパックで水分をキープして、ベールのように薄くこまめに、クリームやオイルでフタをすることです。

脂性肌なら乾燥対策はいらない?

年中気になっている肌トラブルは、べたつきやテカリ、ニキビや吹き出物。だから自分には、春の乾燥肌対策なんて関係ない。そう思っていませんか?

メイクポーチには脂取り紙、スキンケアは保湿よりも洗顔重視、毛穴対策とピーリングは欠かさない、べたつくのに「しっとり」とはほど遠い手触り。

ちょっと待ってください、そもそも本当に脂性肌なのかを疑ってみましょう。もしかしてインナードライ(かくれ乾燥肌)かもしれませんよ。

インナードライ肌のケア方法

水分と皮脂のどちらも少ないため、カサカサしたり粉をふいたりする、これが分かりやすい乾燥肌です。皮脂の分泌が過剰なので、毛穴に汚れがたまり、吹き出物やニキビができやすくなる、これが脂性肌です。

でも、インナードライ肌は隠れ乾燥肌なので、見た目は脂性肌でも、正体は乾燥肌です。肌の水分量が圧倒的に足りないと、皮膚は応急処置として、皮脂をたくさん分泌します。ここで皮脂を取り除くためのケアばかりしてしまうと、よけいに皮脂が分泌され、悪循環に陥ります。これがインナードライ肌、必要なのは水分なのです。

4月からの紫外線対策

img_4804

UVケアは一年を通してするもの!いまや常識ですね。秋冬もちゃんと日焼け止めを塗る人がほとんどではないでしょうか。

紫外線には、A波とB波があります。肌の表面をピリピリ刺激して、赤く日焼けさせるのがA波で、7月以降の真夏がピークです。肌の奥深くまで浸透し、シミやしわの原因となるのがB波で、4月からがピークです。

つまり4月からの紫外線対策は、秋冬と同じでは通用しないということです。

春肌仕様のUVケアに切り替えましょう

紫外線ケアは諸刃の剣です。日焼け止め自体が肌トラブルを引き起こすこともあります。刺激に弱くて不安定な春肌に、いきなり50PFの日焼け止めを塗るのは、少し危険かもしれません。

今どきのメイク下地やファンデーションには、20から30PF程度のUV効果はあるはずです。これに、まずは50PFのUVパウダーをプラスするのがおすすめです。

メイク直しの度に、パフでつけ直さないとなりませんが、毛穴を埋めないパウダーなら、肌の負担はグッと軽くなります。

まとめ

大気中の花粉や黄砂、乾燥と寒暖差、紫外線など。4月は肌トラブルの原因がたくさんありますね。

でも、季節に応じた正しいスキンケアをすれば大丈夫!ふっくら明るい春肌を手に入れましょう。