8時間ダイエットをご存知ですか?劇的に痩せた!かえって太ってしまった!成功と失敗の差が激しいダイエットなのですが、うまくいく人といかない人には、どのような違いがあるのでしょうか?

8時間ダイエットが上手くいかない理由を解明して、今度こそ絶対に成功させるコツを掴みましょう!ほんのちょっとしたコツに気をつけるだけで、不思議な位すんなり痩せられるかもしれません。

8時間ダイエットって何?

最初に、8時間ダイエットとは何なのか?どうして痩せるのか?その仕組みについて、正しくおさらいしておきましょう。

8時間ダイエットは、アメリカの男性向けフィットネス雑誌「メンズヘルス」のデイビッド・ジンチェンコとピーター・ムーアが提唱するダイエットメソッドです。

1日24時間のうち、食事をとる時間帯を8時間以内に限定すると、体は残りの16時間をまるまる内臓のメンテナンスに費やすことができます。

十分休養して健康になった胃腸は、栄養をしっかり消化吸収、そして排出するというサイクルを取り戻します。また、8時間しか食べられないという軽い飢餓感は、今まで溜め込まれた脂肪を燃焼するよう代謝を促してくれるのです。

リーンゲインズ法との関係は?

フィットネスに詳しい人なら、8時間ダイエットはリーンゲインズ法に似ていることに気がつくはずです。リーンゲインズ法とは、筋トレを効果的にするためのメソッドです。8時間ダイエットより、ずっと緻密なルールがありますが、毎日軽い飢餓状態を作るという意味では同じです。

ストイックな自己管理能力が問われるリーゲインズ法を、もっと万人向けにゆるくしたのが、8時間ダイエットといえるでしょう。

上手くいかない理由

極端な食事制限やハードなトレーニングをする必要のない8時間ダイエットですが、実践しても痩せられない人には、いくつか共通点があります。8時間ダイエットが上手くいかない具体的な理由は、どれも案外うっかり見過ごしがちなことばかりなのです。

改善すべきポイントがわかれば、きっと再チャレンジはうまくいくはず!身に覚えはないか、以下をチェックしてみてくださいね。

8時間のスタートが日によってバラバラ

8時間ダイエットのルールとしては、食べる時間は自由とされています。しかし、少なくとも朝食だけは同じ時間に統一した方が効果的です。

なぜなら、8時間ダイエットは「吸収して排出する」という新陳代謝のリズムを整えるメソッド。これは、体内時計のリズムを整えるということですから、せめてスタート時間は統一しましょう。

平日は午前7時に朝食なのに、週末は午前11時に朝食、連休は朝昼兼用、これでは体内時計が狂い、ダイエット効果は半減してしまいます。時間帯がバラバラだと、リバウンドする確率も高いようです。

常に栄養を溜め込もうとする

いわゆる「ドカ食い」「食いだめ」というやつですね。時間が限られているため、その間にできるだけ高カロリーで腹持ちの良い食事を選んでしまうケースです。食事を終えてからも、次の16時間の断食に備えて、わざわざ間食する習慣がついてしまう人もいます。

8時間ダイエットを始めてからの方が、むしろ間食やデザートが増えたという人は、軽い飢餓感が「のっぴきならない飢餓感」として、精神的なストレスになっているのかもしれません。

運動をしていない

8分の有酸素運動なら簡単にできそうなイメージですが、だからこそ、今日はサボってもいいかと思いがちです。また、夕方、もしくは夜から就寝までの間に運動をスケジューリングしてしまうと、空腹を意識せざるを得ず、8分の有酸素運動にすら集中できないことが多いでしょう。

成功させるコツ

8時間ダイエットは夢のような魔法のダイエットではありません。しかし、上手くいけば健康的なボディラインのままで痩せられるのは確かです。成功させるコツは、自分の生活パターンとダイエットの折り合いをつけることです。ここからは、8時間ダイエットのスタート時間、食事内容、運動を実践するためのポイントを説明していきます。

朝食を昼食にする

平日休日問わず、毎日同じ時間に朝食をとることは実際むずかしいものです。たとえ毎朝7時に朝食を食べたとしても、その8時間以内に大急ぎで二回目の食事をして、就寝するまで空腹に耐えるのは挫折の原因にもなります。

それならダイエット期間中だけでも、朝食はお気に入りの紅茶や丁寧に淹れたブラックコーヒーだけにしませんか?午後からの8時間スタートは、就寝までの空腹時間が短くて済みますし、午前中は仕事や家事で空腹をごまかせます。

食生活を改善する

8時間ダイエットの軽い飢餓感は16時間です。これは、大抵の人にとって命にかかわるほどの空腹ではありません。にもかかわらず栄養を溜め込もうとするのは、普段の食生活に満足していないからです。

ジャンクフードや甘いものを控えて、果物やナッツ類でビタミンとミネラルを摂ってください。血糖値が急激に上昇しないように、食事はサラダから食べ始めるのも大切です。ながら食いをやめて、味わいながらキチンと噛みましょう。

運動は空腹が強くなる前に

たった8分運動でも、それが空腹のきっかけになることもあります。運動は二回目の食事の前に終わらせてしまい、食後はあくまでもリラックスして過ごすのがコツです。

好きな音楽を聴いたり雑誌を読んだりして、あとはノンカロリーのお茶やレモン炭酸水などに頼りましょう。

まとめ

身も心もリセットできる8時間ダイエットは、上手くいけば痩せられるだけではなく、便秘解消や肌のデトックスにもなります。自分の生活ペースと相談しながら、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう?